人気ブログランキング | 話題のタグを見る

先行配信のお知らせ「平林信也氏撮影9.5mm作品(1)」

平林信也氏撮影9.5mm作品(1)

撮影:平林信也氏

1929~1932年 白黒(無声) パテー社(フランス)の家庭用小型映画撮影機(パテーベビー)で撮影した映像。


私は1934年生まれの85歳。ここでご紹介する映画は、私が生まれる前に撮影されたもの、復興祭なんて初めて知りました。フィルム作品は過去から未来への貴重な贈りもの。平林様はこれらのフィルムを保管され、当館にご提供いただいたたことに感謝します。

先行配信のお知らせ「平林信也氏撮影9.5mm作品(1)」_b0115553_13004886.png

11 復興祭/1, /2

この「復興」は関東大震災からの復興。1930324日に開かれた「帝都復興祭」が

  記録された貴重な映像。企業の協賛も。

13 大名行列

  東京で行われた大名行列

14 小鳥の世界

  鳥篭の鳥のクローズアップ映像

16 箱根 箱根登山鉄道とケーブルカーが主体で、鉄道マンの撮影らしく、勾配標なども

克明に撮影。

19 日本ライン/ /2

  犬山の付近の木曽川舟下り、ライオン岩・烏帽子岩など。

木曾川中流部,飛騨川との合流点から犬山市までの約 12kmの峡谷をいう。深い木曾谷を出て西流する木曾川が再び古生層を深く浸食して峡谷を形成。奇岩が多く,景観がドイツのライン峡谷に似るところから,大正初期,志賀重昂が日本ラインと命名。定期遊覧船がある。急崖上に犬山城がある。飛騨木曾川国定公園に属する。(ブリタニカ国際大百科事典より)

22 信州所々

  保田での避暑。要塞地帯ですので許可が必要でした。

24 鶴舞公園

  名古屋市内の公園。

  鶴舞公園は、明治421909)年に、名古屋市が設置した最初の公園として開園し、令和元(2019)年には開園110周年を迎えた名古屋を代表する総合公園。

補足

この映像は、平林信也が撮影したものです。使われた機材は、フランス パテ―社の

家庭用小型映画撮影機(パテーベビー)です。

信也は、京都大学工学部機械工学科を卒業してから、三菱造船(現三菱重工業)に入社しましたが、その後、身体をこわしたので退社して療養し、若干の曲折の後、大正の中頃鉄道省に奉職しました。

昭和4年頃、名古屋工場長に栄転することとなり、そのお祝いとして職員諸氏がこの撮影機並びに映写機を贈って下さったものです。信也は元々写真の趣味があり,大正の頃から色々なカメラを使って撮影し、一時は愛好家のクラブにも入っていた位熱中していました。そこで、この機会に本人の希望で、これを頂いたものと思われます。

撮影は昭和4年から7年までのようです。宏信が小学校に入学したのは昭和6年ですが、記録としてはせいぜい2年生位までのものしかないからです。だんだんフィルムが入手しにくくなったのかも知れません。

この映画のフィルムの購入並びに現像の依頼先は、渋谷の鈴井薬局です。スチールカメラ(普通のカメラ)のフィルムの購入・現像・焼付もそちらにお願いしていました。当時は現在のDPE屋さんは、どこにも無かったと思います。この鈴井薬局は大きな店でしたが、渋谷駅前の大十字路の角、現在三千里という薬屋さんのある角にあったのを覚えています。

平林信也の長男宏信の作成資料より抜粋。資料提供は宏信の長男宏幸より。


by rijityoo | 2020-06-05 13:01 | 先行配信映画(107) | Comments(0)