人気ブログランキング | 話題のタグを見る
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
四国の吉野川に約800mの橋を設計、施工、記録した佐藤一夫氏が94歳で亡くなられる
私が佐藤一夫氏とお会いしたのは、郷里徳島県美馬市主催の文化祭である。佐藤氏は徳島県土木部参与を退官され、美馬市の文化協会会長、8mm同好会や句会の会長で郷里で活躍されていた。それ以来、8mmのデジタル化、科学映像館へ8mmの提供など約10年交流を。83歳から8mmをデジカメに変え、映像の撮影に切り替えた。
佐藤氏の作品には脚本がなく、頭に描いた内容を即撮影、作品化。科学映画の父と言われた小林米作氏とそっくりである。小林さんとは骨の科学映画を13年で3作品仕上げたが、一度も脚本、絵コンテなどを見たことがない。第3作「OSTEOCYTE」製作時、先生今度は「濡れ」ですねのひとこと。骨細胞は体液に浸って活動している。これは描きたかった。小林さん96歳、これが彼の遺作となったのである。

佐藤氏とは、接し方はことなるが、小林さんと・・・・。94歳で亡くなられたが、2週間前、お見舞いの電話を。もう少しお付き合いをが最後の言葉となる。ご冥福を祈りし、彼の代表作と橋にかけた想いを。ほんとにありがとうございました。

人間誰でも一生のうちに素晴らしい生きがいを感じる時がある。私の場合、半世紀前(約50年前)32、33歳の頃、橋梁技術者として有頂天になった時期があった。名田橋架設工事との出会いである。

名田橋というのは、地名から私が付けた名前。当時そこに橋はなかった。渡し船が船頭さんの櫓と櫂で漕がれ、小型三輪以下が運ばれていた。徳島市と北岸藍住町を結ぶ幹線。主要地方道第1号線である。

計画された橋の構造は、当時、日本の長大橋ではまったく経験したことのないドイツ、ディッカホフ・ヴィドマン社の特許工法「デイビダーク式PC工法」である。この上部桁の大きな重量を支える下部橋脚の基礎には、これまた当時としては沈下施工不可能ではないかといわれた、深さ32mにも及ぶ巨大井筒が必要であった。若い技術者の私は燃えた。

今からみれば当たり前、いや幼稚かも知れないが、当時としては最先端の技術を駆使して斬新なアイデアも編みだしたと自負している。この先進技術を余すことなく後輩へ伝えねばならない。その伝える方法としては、工事写真・工事記録・日誌等。これではどうも適切に表現できないのではないか。

そうだ! 私の趣味である8mmカメラでプロの映像には及ばないでも、プロには撮れない細部を詳細に記録したい。この一念がこの架橋工事記録に凝集された。撮影技術はお粗末でも、架橋技術上のポイントは逃さず記録できたと思っている。冗長にも思えるがこれも止むを得まい。

技術の進歩は素晴らしく速い。4カ年の工事期間中にも次々と斬新な改良が見られた。またドイツの示方書の受け売りが、日本の建設材料にマッチしない不都合も発見された。日本の橋梁技術の向上に大いに役立ったと思っている。

この撮影を橋梁完成まで追い続ける意味はない。
橋梁完成を待たず、この記録映画は完成をみた。
それは記録すべき先端技術は撮影し尽くしたからである。

今(50年後)見ると懐かしい「手作りの技術」。
私の有頂天の時間は昭和34年~38年。私の生き甲斐は、今もこの「名田橋架設工事記録」に息づいている。

スタッフ

撮影・編集・制作:佐藤一夫

この映画は、制作者である佐藤一夫氏のご援助により、
デジタル化配信しています。」






by rijityoo | 2021-08-26 10:02 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)