久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
68の車輪の想いで、撮影者 春日友喜氏より


  68の車輪は依然、多数の方にご覧いただいている。先日お知らせしたように撮影者の春日氏から68の車輪撮影についての想いでを寄せていただいた。春日氏の原文を一部修正。

  68の車輪 懐かしいタイトルです。
 
  半世紀に近い昔の作品であり、当時の記憶は、大半消えてしまいましたが、 断片的に残った撮影現場の様子を、呼び起こしてみたいと思います。当時の制作者、制作主任、監督、撮影、照明、録音担当者など主要なメンバーは既に他界し、私以外に見当たりません。しかし、作品は残り、久米川先生のご努力により、再び日の目をみることができ、大勢の方に観て頂ける事を大変嬉しく思っています。

回想 一
   
  深夜の国鉄常磐線の踏切を横断するシーン。最終列車と一番列車の短い間隔の間に踏み切りを渡らねばならず、、緊張が予想される時間帯でありました。午前1時が過ぎた頃、最終貨物列車が通過し、高圧電源が切られました。その瞬間、静かに待機していた現場は、たちまち騒然となり、戦場のような雰囲気に。線路補強の槌の音、上に敷く厚い鉄板を運ぶ掛け声、大勢の作業員が入り乱れて飛び交う中、作業は敏速に着実に進行しました。

  さて撮影隊といえば、この状況を予測できず、、甘い撮影設計がアット言う間に崩れ、頼みのライトが所定の場所に届かず、ライト、ライトと大声で叫ぶカメラマン、重いライトを運びながら怒鳴り返すライトマン達、次第に殺気だって来ました。作業用のライトでもちょっと当たればカメラは回る。この緊張と疲労は夜明けまで続き、今まで経験したこともない、撮影現場だったと記憶しています。

  デパートの屋上から撮ったロングショット。画面の中では、ライトマン達が重い10キロライトを担ぎ右往左往しながら、必死で照らそうとしている様子が。普通だったらライトが剥きしの画像なんて撮るわけがないのですが、これがドキュメンタリ映画です。

  今ではあの時の助手は誰だっけなんて思い出し、プット吹き出しながら、楽しく振り返れる程年月が過ぎ去ってしまいました。


回想 二

  私はB班として撮影に参加していました。友軍と言うか割合気楽な立場で、運ばれるトレーラーの回りの状況を、味付け用に撮影する役目。春の野原を一週間ほど楽しめる予定だったのです。しかし踏み切りを渡った翌日、異常事態が起こりました。

  車の免許を取ったばかりのカメラマンが、昼休みの間に交通事故を起こして病院に入院。直ぐに現場の進行係りが病院向かったのですが、状況を充分運搬担当者に伝えない内に、何事もなかったように午後の作業を開始したのです。

  その瞬間、友軍であった私がメインのカメラマンに早変わりし、有無を言わせずトレーラーの周りを走り回り撮影しました。交通事故の様子を気に掛けながらも、タイヤの側で身構えると、当然のように撮影に集中。夕方、田んぼの低い土手つまずいて転ぶ程、疲れ果てていたことを今でも鮮明に覚えています。

  カメラマンは、対向車と正面衝突した割にはたいした怪我もなく、一週間程度で退院しましたが、現場への復帰は出来なかったようです。


回想 三

  断片的な記憶の中で、今でも鮮明に思い出せる人がいます。あのトレーラーの屋上でハンドルを握っていた運転手の顔です。50歳前後で精悍な表情と真剣な目を持っていた、本当のプロのドライバーの威厳がありました。危険な場所に来ると、何回となく大声で怒鳴られたものです。

  こちらも少々邪魔をしても是非あの顔を撮りたいので、夜になると、ライトを照らす。運転者は見にくい筈で、鬼のような顔をして怒鳴ります。撮り終わってすみませんと大声で返します。そして目と目が合うと、何かお互いを認め、通じあっていたような気がします。私よりかなり年輩のように見えたので、多分もうお会いすることは出来ないでしょう。

  無我夢中で頑張った 68の車輪 、今は亡き朋友M監督。いつも撮影中、彼の顔は、左肩の側にありました。。そして次の撮影対象を耳元で指示してくれたのです。スタッフの皆さんから信頼、尊敬されていた監督が、完成後、教育映画祭で演出技能賞を受賞され、、全員苦労が向われたと思う。
 
 
  

  
[PR]
by rijityoo | 2008-03-21 12:31 | Comments(0)