人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

久米さんの科学映像便り

年間視聴者数と視聴時間


  昨年、科学映像館は4月1日発足、5月からHD,SD化映像の配信を開始した。最初は配信映画数も少なく、半年間は一ヶ月200人前後の足踏み状態。10月から倍増、11月68の車輪の配信で一挙に30倍となる。以後2000人前後の視聴者数が維持されている。また時間もゆっくりと時間をかけてご覧になる方が多くなっているのは嬉しい限り。こんなに多くの方が観ておられるのは、配信映画のジャンルが幅広くなったことも要因となっている。

  最近、ドキュメンタリー映画に関する情報、資料が持ち込まれるのも大変嬉しい限り。またテレビ局、大学、雑誌社の問い合わせも増えてきた。さらに多くのブログに科学映像館への応援メッセージが。NPO法人科学映像館を支える会の活動が徐徐に認知、評価し始めてきたようである。今後も、科学映像館活動のご理解とご支援をお願いしたい。

  しかし、各地の行政機関、博物館、企業に多数の貴重な映画が、管理が大変難しく、倉庫に放置されていることもあると聞く。特に市町村合併の際、廃棄されたとも。こうした映画の情報を是非、お知らせいただきたい。

  下記のグラフは配信1年間の視聴者数,視聴回数と視聴時間である。月末には好評映画のランキングをお届けしたい。

      視聴者数(ー●ー)   視聴回数(-●-)  視聴時間(ー●ー
年間視聴者数と視聴時間_b0115553_109977.jpg

by rijityoo | 2008-04-28 10:42 | Comments(0)

今なぜ、科学映像館か? その舞台裏を語ります。