人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

久米さんの科学映像便り

視聴時間1万時間を越える


  昨年5月、本格的に映画の配信を開始。昨日ついに視聴時間が延べ1万時間を越える。大変な時間数であるかどうかは別として、その間、延べ2万9千人の方が、7万8千回にわたり映画を観てくれる。大変多くの方が、多くの多彩な貴重な映画を科学映像館の配信映画を介して知り、観てもらったこと。

  その間に「68の車輪」は6,662人、1,323時間;「花開く日本万博」は1,995時間、303時間;「沖縄高久島のイザイホー1」が657人、197時間に観ていただいている。それぞれ素晴らしい映画ではあると思うが、一部の方は別としてほとんど観る機会のなかった映画。

  科学映像館の活動を切っ掛けに、各地の行政機関が所有映画をデジタル化しようとの声も聞く。各地の機関、企業に眠っている映画を是非、デジタル化し、多くの方に知ってもらい、観てもらえればと願っている。
by rijityoo | 2008-08-28 13:17 | Comments(0)

今なぜ、科学映像館か? その舞台裏を語ります。