人気ブログランキング |
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
2007年 09月 05日 ( 1 )
映画配信を始めて4ヶ月
 5月1日、HD化生命誕生の配信を始めて丸4ヶ月が。その間、HD化作品7編、SD化作品28編を配信。1,000余名の方が視聴し、その回数は2,639回、74時間と驚くほど多くの人が。各映画では、生命誕生が抜群で、実に、800視聴回数、23時間の視聴時間となっている。誰でもが、いつでも、どこでも科学映画を観ていただきたいと始めた科学映像館活動、一応成功ではないかと。そして私たちの一層活動が期待されている感じている。

 2,3年前から、骨の健康づくり委員会で科学映画の配信を始めた時から、配信映画の選定は、慎重に行ってきた。その基準は、商品名が入っていない映画で、受賞暦、推薦、学術指導体制などの資料審査。その後、各映画をDVDで視聴、配信へと。科学映像館でも同様の方針で選定。大きな選定ミスはないと確信しているが、各映画の視聴傾向から選定の難しさも感じる。所詮一人の選定には限度があることを実感。なんでこんな映画がと、言われるかもしれないが、視聴者の感心も色々、評価も色々である。

 また過去の名作も学問の進歩、環境の変化、撮影技術の進歩などで、色あせることもあるようだ。しかし、これらの作品の評価が決して低くなったのではない。したがってこれらの作品を映像遺産として管理保存し、後世に贈ることは関係者の責務であると思う。

 唐突であるが、科学映像館の英語名が、まだ決まっていなかった。山形国際ドキュメンタル映画祭担当者からの問い合わせがあり、岡田一男本会副理事長と相談、Sicence Film Museumと決定。

 7日金曜日は、ブログと映画の配信はお休み。10日からThe Bone II制作の舞台裏を。お楽しみに。
by rijityoo | 2007-09-05 12:42 | Comments(0)