久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
2009年 06月 09日 ( 1 )
松浦真也のL/Dで、映像のアーカイブ化は今後のひとつの在りかたと

 1960前後、世界に冠たる科学映画が制作される。最盛期には年間千篇を越える映画が制作され、教育、研究現場で盛んに活用される。しかし、これの貴重な映画も見せる機会も少なくなり、秘蔵化の一途をたどる。さらにメデイアシステムの変化が起こり、益々、一般の方は貴重な映像遺産を観る機会もなく、忘れ去られている現状となる。これなの映画を活用しないのは、本当にもったいない。

松浦真也氏は,ブログL/D(2008.06.11)[2つの映像アーカイブ]の中で、インターネットの出現により情報のあり方について以下のことが可能になったと。

 「①同時性。あらゆる情報が瞬時に拡がり、共有されるようになった。
②通時性。ネットに貯蔵された情報はすべて等価であり、どんなに古い情報も、埋もれてしまうというこはな く、瞬時に引き出すことができる。」

映像の今後の活用に、一つの方向性を示される。そして、通時性に関する、非常に素晴らしいサイトとして(1)朝日新聞ニュウス昭和映像ブログと(2)科学映像館を紹介。

 科学映像館については。

 「こちらは昭和20年代以降多数作られた科学映画の映像をネットで公開している。制作大手の岩波映画の映像が収録されていないのが残念なのだけれども(何か権利関係の理由があるのだろう)、僕らの先輩が科学というものをどのように映像化してきたかを、一望することができる。
 こちらは、スタッフロールがしっかりしているので、思わぬ作曲家がとんでもないところで映画音楽を付けているのを見つけるという楽しみもある。」と紹介している。

  さらに松浦氏は以下のことを協調されている。

 「こういう過去の情報を、誰でも閲覧できる形でののアーカイブ化は、社会の基礎的な情報インフラストラクチャとして、とても大事だ。NHKが今、過去の番組を次々にデジタル化しているが、これも適切な形式でネットに広く公開されるべきだろう。」

 松浦氏のこの意見は、私達が科学映像館を設立した基本的な考えである。先人が制作した貴重な映画を世に公開し、共有化することは、映画関係者の責務ではないかと思う。ウェブ上の配信でも版権を守る方策はあり、制作関係者の利害を阻害するものではない。また制作者の映画制作にかけた気持ちも侵害するものでもない。多くの方に観てもらって初めてその映画の価値が。

  2年間の配信結果から、秘蔵化しだれも知らなかった貴重な古い映画が、初めて知られ、多くの方が鑑賞・活用、高く評価されている作品も決して少なくない。時代の流れをくみ取り、多くの方にまず貴重な映画を観てもら得る方策を考えていただきたい。貴重な映画はひとりのものではなく、共有の映像遺産であると。
b0115553_1765019.jpg

  1960年初頭制作された「生命誕生」。国内外の科学映画祭で幾多のグランプリを受賞した名作。
[PR]
by rijityoo | 2009-06-09 08:19 | Comments(0)