久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
2009年 06月 16日 ( 1 )
今後の配信映画について

  科学映像館では、毎週木曜日に新しい映画をお送りしている。さて今週の予定であるが、芸術文化振興資金によりヨネプロダクシオンが制作した「ばさらの時代」 である。

 文部省選定 優秀映画鑑賞会推薦、

「ばせらの時代」についてヨネプロ代表の大沼氏は以下の様に述べている。
  
  「鎌倉幕府が倒れ、南北朝の動乱が始まった時代は、歴史の大きな転換点となった。
政治、社会、文化の全般にわたって、きわめてドラマティックな変化が起きたのである。
「太平記」も、まさにこの時代の物語である。

  この時、婆娑羅(ばさら)の風潮が一世を風靡した。常人とは異なる衣装、振舞で耳目を集め、奇抜な生き方をしようという流儀である。能、華、茶、の文化も、この婆娑羅のなかで原型を作り上げた。

  この映画は、当時の絵巻物、屏風絵、文書、史跡、さらに幻想的シーンなどによって、この時代の風俗、出来事を描き、スクリーン上に婆娑羅のドラマを甦らせる。これは、現代人の感性の源流を訪ねる試みともなるだろう。」

  さらに来週以後の配信映画は、1936年十字屋制作映画の「地蜂」、学研の処女作(1960年代)、「かにの一生」などを予定している。ご期待下さい。
[PR]
by rijityoo | 2009-06-16 22:14 | Comments(0)