久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
2009年 06月 28日 ( 2 )
「地蜂」に反響が

  「地蜂」に多くの反能があり、多数のメイルがとどく。特に長野県出身から多い。地域では採取の時期が異なるとのこと。映画は秋頃と思われる。しかし梅雨時期に採取し、ダンボウル中で秋まで育てるとの話。

  また蜂はもう少し高く飛ぶので、中々撮影できにくいのではとのご意見も。蜂の駆除に火薬は使わなかったとのメイルも。でも、70年前の撮影には皆さんが感動。確かに「かえるの話」と「もんしろ蝶の話」に比べて興味深い作品である。

  さて今後の予定であるが、「桜の話」、開花の様子を特殊撮影、いわゆる早送りで映像化。「カニの生涯」は排卵と卵の顕微鏡撮影の映像が盛り込まれている。ご期待を。
[PR]
by rijityoo | 2009-06-28 17:04 | Comments(0)
科学映像館と「68の車輪」

  「68の車輪」は、科学映像館の配信映画とは少し異なった内容のこともあり、永く寝かしていた作品。ところが、配信翌日、視聴1,000回の結果となり、科学映像館全体の鑑賞者数も10倍に押し上げる。配信を開始以来の視聴回数は、実に2万6千回。この切っ掛けは2チャンネルに書き込まれたことらしい。

  この作品はこれまでの作品選定を変換することになり、幅広い作品の配信映画へと。サーバーも共用から、多くの鑑賞者に対応できるよう専用サーバーへと。

  この映画は、日立の茨城工場で製作した大型変圧器(300トン)を、常磐線と日通の特種な貨物で運ぶ作業を映像化したもの。道路のの確保、橋の補強、時速20キロ、7日間の筋書きのないドラマ。その裏には、幾多のエピソードも。照明器具を急遽、運ぶ担当者、自動車を見守る沿道の人たち、これぞドキュメンタリー映画。計算尺の時代の作品。是非ご覧いただきたい。撮影の舞台裏はこちらから。(http://www.kagakueizo.org/2009/03/post-12.html)

  
[PR]
by rijityoo | 2009-06-28 07:07 | Comments(0)