人気ブログランキング |
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
2012年 07月 24日 ( 3 )
WAMから助成金の確定書が届く
平成23年度WAM事業「映画による高齢者孤独ぼうしのための支援事業」の助成金額についての完了報告書が届く。3件の助成事業がやっと完了、ほっとする。しかし24年度の申請はチャンスを失う。
by rijityoo | 2012-07-24 10:17 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
カテプシンK物語~成熟破骨細胞の分離~
生態においては、様々なホルモンやファクターがある特定の細胞、組織および器官に直接作用するか、あるいは他の細胞や組織を介して間接的に働くことが考えられます。そのために個々の細胞や器官などを採取して調べる方法が従来から用いられてきました。いわゆるよくご存知であるところの「細胞培養・組織培養・器官培養」です。

骨組織でも同様のことが考えられます。あるホルモンは破骨細胞に直接作用するのか、または骨芽細胞などを介して間接的に作用するのか、です。

そこで我々の研究室では、様々なファクターについて破骨細胞に直接作用するか否か、を調べることが出来る系を求めて実験を行いました。骨細胞群をコラーゲンのゲル状で培養し、他の細胞を酵素処理で除去してゲル内の破骨細胞を採取するといった方法で、明海大学の大学院生と、日本歯科大学の国内留学生が考案したものです。

この分離方法の肝は、破骨細胞であるカテプシンK(?)がコラーゲンゲルを分解してゲル中に埋没することです。そうであれば処理方法は簡単で、1日培養した後、ゲル上の他の細胞を洗って酵素を用いて除去したのち、ゲル中の破骨細胞をコラゲナーゼで分解して細胞を取り出し、骨吸収アッセイ方法を用いて活性を測定します。

この分離方法の詳細とその結果、ならびにピットアッセイ系はこちらの作品でご覧になれます。

参考論文
Kakudo,S.,et al:Isolation of highily enrichided rabbit osteoclasts from collagen gells.An new assay system for bion-resobing activity of mature osetoclasts. J.Bone Miner.metabol. 14:129-136,1996

Kameda,T.,et al:VitaminK inhibits osteoclastic bone resorption by osteoclast appotosis.Biochem.Biophys.Res.Commun.,220.515-519,1996

Mano,H.,et al:Mammalian mature osteoclasts as estrogen target cells.B.B.R.C.223,637-642,1996
by rijityoo | 2012-07-24 09:22 | カテプシンK物語(23) | Comments(0)
新カテゴリ「カテプシンK物語」を設けました
カテプシンK物語が10篇となり、さらに増えそうと思う。そのため新カテゴリ「カテプシンK物語」を設定しました。ご一読ください。
by rijityoo | 2012-07-24 06:40 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)