人気ブログランキング |
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2007年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
高画質のデジタル化〔HD化〕も色々
ヨネプロダクシオン、東京シネマ、東京シネマ新社以外の映画関係者と接する機会もあり、影像の提供もある。そこでいろいろ考えさせることが。高画質のデジタル化と簡単に言われるが、一言では言えないことも。HD化も色々である。問題点を筆者が勝手にまとめてみると、以下の3点になる。
(1)HD化の素材と管理
   HD化で最も大切なのは、原版であり、そしてその保管である。原版は35mmネガが最高。恒温、恒湿でフィルムの劣化を防ぐことが不可欠。しかし、現在余りにも多くの作品が制作され、管理が不可能。破棄している関係会社もあるとか。巷の16mmポジフィルムはセフィア色に変色したものも多いと聞く。兎に角、それぞれの関係機関、関係者はHD化に一刻も早く取り組まれることを。かけがいのない影像遺産であるが故に。

(2)HD化に最もな大切な作業が
   どんなに厳密に管理されたフィルムでも、ごみ、カビ、傷、つなぎ目に不具合があるとのこと。洗浄、全つなぎ目の再接着、手仕事による一駒一駒のカビ、ごみ取り、傷直しなどなど。さらに開発された特殊な洗浄液を使った洗いも。僅か10分の作品にも何日かの作業工程が組まれるとのこと。粗悪な素材をHD化しても、不鮮明な影像に。ここにHD化にも色々が。したがってこの作業にこそHD化成否の最大の鍵が。

(3)HD化した作品の保存
   HD化すれば半永久的と安易に考えていた。ところが記録した磁気テープには期限がある。したがってまず恒温、恒湿での保存、年1回巻き戻し、磁気テープの接着を防ぐ。テープに期限があるため、数年毎とのリコピーも必要とか。正副のHDカムを制作、保存することも望ましい。

以上まったく素人の小生が感じたことを書いたに過ぎないので、詳細は東京光音のHPを参照されたい。要は誠実に取り組んでいる会社を選び、試作と合い見積もりが不可欠。くれぐれも随意契約はなきよう。

なお今後の配信予定作品
 世界のランキングを求めてー1961マン島TTレース、オランダレース〔本田技研〕:
   瀕死のフィルムを東京光音のスーパーマシンと超プロフェショナル集団が見事に再生した
   作品、ご期待を。

 甦る細胞、海の牧場、水の開拓者、科学の目、アゲハ蝶の生態学など20編。御期待下さい。

HD化予定
 パルスの世界、炎症とライゾウム,アレルギーなど
by rijityoo | 2007-12-07 12:50 | Comments(0)
花開く日本万博、EXPO’70に第2の68の車輪の予兆
 一昨日、配信を開始した「EXPO’70」の出足が好調。第2の「68の車輪」とほどではないが。
この博覧会は東洋で始めての開催。とにかく内容に大変なインパクトが。月から持ち帰えった石と探査機を展示したアメリカ館、宇宙飛行船のソ連館には毎日長蛇の列。芸術派は爆発だの故岡本太郎氏の太陽の塔。名古屋を実際見ていないので、比較はできないが、兎に角話題豊富で、第一次好景気の波が力強く打ち寄せた時代。

 筆者も大阪を離れ、埼玉の新設歯科大学に赴任した年で、夏休み二人の子供と。子供たちにどんな記憶が残っているかは。余談であるが、地下鉄などの出口表示は大阪万博で使われたアイデアが。

 今回も日本通運の建設の準備で見せた組織力と技術力が、構成力豊かに描かれている。当時の様子を知る上にも貴重な映像である。制作時の原版、35ミリネガが破棄され、セビヤ色の16ミリフィルムからのデジタル化とのこと。映像がやや不鮮明なのは、きわめて残念。

 本日も東北文化社の阿部氏からメール。東北地方の民俗学を映像で追っている映画マン。
多数のフィルムを持っておられるとか。なんとかして残さなければと意気投合。
by rijityoo | 2007-12-05 10:32 | Comments(0)
深谷市のセミナーで元高校理科教師と
昨日、深谷市市民文化会館で、深谷市保健大学との共催による第24回骨の健康づくりセミナーin深谷を開催。絶好の行楽日和にも関わらず140数名の方が参加。深谷ねぎと瓦の産地と知られていた深谷も、花と緑の町に変貌、5月には市をあげてイングリシュガーデンの開放、近在の町からの見学者も多いとか。そして最近、埼玉県北部のメデカルセンターへの動きも。市民の健康に関する活動も実に活発、数コースの勉強会も市民とともに。医学部出身の市長ならではと感心。

さて、今回も会場で科学映画2編を上映。皆さん大変熱心にご覧になった。終了後、元高校理科教師との会話。こんな素晴らしい映画の存在をまったく知らなかったとのこと。インターネットで沢山の映画をご覧いただけますから、教育に活用してもらえればと。同僚、後輩に呼びかけますよとのご返事。科学映像館の活動は本当に少しずつ輪が大きくなり始めたようだ。

 本日、また嬉しい話が。学習院大学の先生で、沖縄久高島の民族学を研究中の方から映画配信をお願いできないかとのメイル。私たちの活動が認知され、話が徐徐に逆転。配信希望の関係者も。
by rijityoo | 2007-12-03 10:59 | Comments(0)