人気ブログランキング |
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2010年 01月 ( 60 )   > この月の画像一覧
新配信映画のお知らせ
明日の配信映画は、「力の技術ーモートルー」です。お楽しみに。
by rijityoo | 2010-01-20 07:53 | Comments(0)
地元から寄せられた情報
本日も地元からの情報が数件寄せられる。これらの情報を積み重ね、映像に解説文を加えたい。

①この映画は撮影はの子孫が奥州市にフィルムを寄贈。図書館に保管されているとのこと。現在、水澤図書館担当者と話し合い中。フィルムが現存されていれば鮮明な画像が期待される。

②映画の頭に見られるは後藤新平氏像。現存しているのは、戦後の作り変えられもの。映像中の銅像は何時作られたかは不明(観光課)。

③まだ図書館では16mmフィルムが使用されているとか。貴重なものはデジタル化が望まれる(水澤図書館)。
by rijityoo | 2010-01-19 16:36 | Comments(0)
[昔の水澤映画]5日間で1,129回再生
本当にこの映画、じっくりと繰り返してご覧いたいている。160人が1,129回再生、トップに躍り出る。地元の方にとっては懐かしい映像が一杯。また緯度観測所関係者には貴重のもの。古い映画は貴重である。多くの方に観てもらいたい。また今回地元の方から続々と資料をお送りいただいている。これも郷土水澤を誇りとし愛する方が多いのではと。

宮沢賢治もたびたびこの観測所をおとづれている。
「新式の観測には特に強い関心を持っていたと想像される。このことは、作品「風の又三郎」の初期形である「風野又三郎」に見ることができる。

次のようにある。「・・・そのとき僕は海をぐんぐんわたって・・・丁度五日目にこゝも通ったよ。その前の日はあの水沢の臨時緯度観測所も通った。あすこは僕たちの日本では東京の次に通りたがる所なんだよ。なぜってあすこを通るとレコードでも何でもみな外国の方まで知れるやうになることがあるからなんだ。・・・」当時はまだ岩手に測候所がなかったが、風が水沢を通るとそれが記録され、外国の方まで報告される。」賢治は緯度観測の様子を知ってそう述べようとする。http://n398z.com/gaiyo.htmlで緯度観測所名誉教授・現奥州宇宙遊学館館長の大江氏は述べている。
by rijityoo | 2010-01-19 07:36 | Comments(0)
「昔の水澤映画」の新しい資料が
 
日高火防祭の新情報

奥州市役所 水沢総合支所 商工観光課 観光物産係浦川 敏明氏から、日高火防祭の最重要者、佐々木佐五兵に関するご報告をいただく。

「①佐々木佐五平は寛政8年(1796年)10月21日その生涯を閉じております。

② 佐々木佐五平像の作成時期:佐五平像につきましては、佐々木家に代々伝わる家宝であり、作成時期は不明となっております。お祭り初期より関係者が佐々木家に立ち寄り礼をささげていたとのことです。長い歴史の中では、佐々木家の神棚に祭られたままとなり、祭りから離れた時期もあったと聞いておりますが、現在は祭りの際に佐々木家から店頭へ祀られております。」

さらに古い資料が胸像の写真とともに送られてきました。(下記参照)

       水沢市消防の元祖
                   佐々木佐五平

 当時江戸に在勤していた水沢藩主・留守村景侯は、明暦3年(1657年)の火事の際、大活躍をした江戸火消しに感銘し、領民の生命財産を守る必要性を痛感した。

 任を終えて帰藩するやその組織を作るため、当時男伊達といわれていた市野屋加七の息子、当時19歳であった佐五平に白羽の矢をたて、享保19年(1734年)に江戸へ約1年間派遣し、町火消し「いろは組J消防を学ばせた。

 帰郷藩命を受けて、享保20年(1735年)に「臥煙組」消防を創設したのが始まりといわれております。
佐五平は生涯消防の組織作りと土台作りに奔走した。
寛政8年(1796年)10月21日その生涯を閉じましたが、現在も水沢市消防の元祖として崇拝され年一度の「火防祭」には、生家の前にまつられ、市民から庇護の神として祭られ感訪寸の誠が捧げられている。

「昔の水澤映画」の新しい資料が_b0115553_2074641.gif




by rijityoo | 2010-01-18 18:51 | Comments(0)
地元の関係者と電話でお話を
旧緯度観測所本館は奥州宇宙遊学館として活用。「奥州市、また岩手から、全国に発信する宇宙遊学館として広く愛好されるよう努めて参りたいと思いますと」のご挨拶がサイトに。

今朝, 大江 昌嗣理事長さんとお電話でお話をする。映像に観られる観測所、設備、台湾地震の記録などから、大正11年以降の映像とのご解答。水澤銀行の定期預金証書、酒造店の表彰状とも合致する。大正111年から昭和2年までの映像と考えられる。

今後、緯度観測所に関する概要、付帯資料をを含めた詳細な資料をお送りいただけるとのこと。期待したい。
by rijityoo | 2010-01-18 12:05 | Comments(0)
Twitterで科学映像館が話題に
1週間、twitterの登録、新しいものへの挑戦は大変。kagakueizoukannで登録し、2,3配信を行なう。[笑って大往生」が話題になったり、科学映像館自信も取り上げられ始める。とにかく多くの方に本格的な映像アーカイブの存在を知ってもらいたいので。Twitter経由のアクセスも少なくない。
by rijityoo | 2010-01-17 18:57 | Comments(0)
どの分野でもボタンの掛け違い
年末からある会社の素晴らしい映画を見出す。早速、企画と製作会社に連絡、配信の許諾をお願いする。ところがこのケース、製作会社の担当者を介して欲しかったらしい。

何回か手紙のやり取りをするも、残念な結果に。科学映像館では、慎重に交渉を進めているので、ほぼクリアーできる要望であったが、ものには限度が。

ところで「昔の水澤映画」が多くの方に観ていただき、この3日間で1,000回再生される。貴重な映画は箪笥にに寝かしていても何も生まれないのかも。
by rijityoo | 2010-01-17 16:25 | Comments(0)
21日の配信映画
新配信映画は「力の技術ーモートルー」を予定。モーターの原理に始まり、各種のモーターの開発、品質管理など、モーター物語である。この作品もネガフィルムからのネガテレシネによるデジタル化された映像で素晴らしい。しかも豪華なスタッフ、製作:岡田桑三、脚本:吉見 泰、撮影監督:小林米作に加えて「68の車輪」演出森田実、撮影春日友喜。さらに音楽三善晃、ナレイション城達也と。
by rijityoo | 2010-01-17 07:50 | Comments(0)
[昔の水澤映画」が3日間で1,000回再生
「昔の水澤映画」が3日間で141人が、1,000回再生。1人が平均7回再生し、繰り返し、繰り返しご覧になっているようである。特に地元の方にはとっては、貴重な映像であろう。このDVD提供者の話では、囃子の子どもから、以前電話があったとか。
by rijityoo | 2010-01-17 07:45 | Comments(0)
団地の中にも水沢出身者が
団地の中の方で水沢出身者がいることを教えられる。早速、電話を。高校卒業まで、水沢にいたとのこと。「昔の水沢映画」の話をし、感想をお願いする。ごく近くにいても、出身地までは?
by rijityoo | 2010-01-16 23:54 | Comments(0)