人気ブログランキング |
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2011年 04月 ( 72 )   > この月の画像一覧
仮配信映画
地球と世界地図 監修:文部省 製作:日映科学製作所 カラー 20分
<製作意図>
航空通信の発達しいた現代では、世界的視野にたって、ものを考えなくてはならなくなり、それぞれの目的に合った各種の地図が必要となる。この映画では、世界地図の中でも方位の正しい正距方位図に焦点を合わせ今までの世界に対する考え方をもう一度見直してみると同時にマクロの立場で世界のなかの日本を見つめてみたい。
<スタッフ>
製作:片田 計一 音楽:宮下 滋
脚本:中村 麟子 解説:川上 浩之
演出:中村 麟子 撮影:中山 博
録音:工藤 勇  照明:藤江 良夫
by rijityoo | 2011-04-21 12:52 | 先行配信映画(107) | Comments(0)
本日の新配信映画
本日の配信映画は三殿台 大むかしのムラを掘るである。 企画:横浜市三殿台考古館 
製作:東京シネマ新社 フィルム撮影:1961年(東京シネマ) ビデオ撮影・完成:1989年(東京シネマ新社)29分
by rijityoo | 2011-04-21 10:22 | 新配信映画 | Comments(0)
4月20日のランキング
視聴者数:21,964人     延べ視聴者数:234,298人
再生回数:61,017回     延べ再生回数:601,039回
視聴時間:2355時間      延べ視聴時間:31,438時間

1 福島の原子力     7,184 人 21,664 回 824:03:21
2 黎明    3,822 人 12,387 回 453:52:34
3 原子力発電の夜明    1,402 人 5,152 回 278:29:52
4 68の車輪    210 人 742 回 35:58:00
5 振動の世界     204 人 3,045 回 31:59:53
6 川崎航空機     169 人 444 回 13:56:32
7 電気機関車     154 人 458 回 15:35:29
8 日立この名のもとに    151 人 545 回 25:09:34
9 つばめを動かす人たち    149 人 519 回 19:05:24
10 特急あさかぜ    139 人 447 回 15:29:28
by rijityoo | 2011-04-21 07:46 | ランキング(157) | Comments(0)
武蔵 通さんからのメール(その2)
40日目に武蔵さんからメールを受領後、昨晩電話で当地の悲惨な状況を知る。そして大船渡線の果たしてきた役割、その想い、復興への出発点がここにも・・・・・。科学映像館の映像の保存と活用以外に新なたな役割もありそうである。これを示唆する武蔵さんのメールを紹介したい(ご本人の了解済み)。

「ご無沙汰しております。ドラゴンレール大船渡線(観光情報の私設サイトの武藏です。お世話になっております。

「昭和初期9.5mm映画」と「昔の水澤映画」ではお世話になりました。水澤映画では、大変な反響があったようで、その動向は理事長様のブログでチェックさせて頂いておりました。

さて、「昭和初期9.5㎜映画」には、昭和8年大船渡線陸前高田駅開業映像があります。

すでにご存知のように、大船渡線は気仙沼駅~盛駅間で、この度の津波による被害のため運休しております。

中でも、陸前矢作駅~盛駅間は被害が甚大で、駅舎が流出したり、線路が路盤ごと流されたり、橋梁が流されたりと、復旧には年単位の時間が必要であり、相当の歳月がかかると言われております。このような、状況は他の三陸沿岸を走るt他の路線にも言えることです。

映像に出てくる『陸前高田駅』ですが、連日ニュースにもありますように、甚大な被害を受けまた、岩手県陸前高田市の中心部にあります。

今回、津波は街の中心部の奥まで高さ10メートルの勢いの状態で押し寄せ、壊滅的な被害を与え多くの死者も出し、文字どおり『街が一瞬にして消えた』状態となりました。

あの映像から80年近く経ち、あと2年ほどで80歳を迎えようとしていた陸前高田駅舎も、無惨にも、土台を残して無くなってしまいました。本当に悲しいことです。映像に残された、かの駅舎も、町並みも、今は見る影ありません。

ですが、私は「今だからこそ!」もう一度あの映像を皆さんに見てほしいと思っております。

理由は2つあります。

1つは、復旧の見通しの立たない大船渡線(一ノ関~気仙沼間は復旧済み)の1日も早い復旧を開業当時の映像から思いを一層強くしてもらう意味で。

2つ目は、映像に映っている当時の状況と現在の状況が少し似ているということです。

と言いますのも、実はこの開業した昭和8年12月から遡ること9ヶ月前の昭和8年3月にも「昭和三陸大津波」というのがありました。この時は、今回ほどの大津波ではなく、陸前高田駅周辺はあまり被害は無かったようですが、周囲の漁村や集落では壊滅的な被害を受けた処もあったそうです。

まさに、置かれている状況は今と似ていると思います。昭和の初めの不況、不作、食べていくのも厳しい時代に津波の被害。

辛く、厳しく、先行き不透明な時代に引かれた1本の鉄路に、人々はどんな希望を託したのでしょう。単なる移動の手段としてだけでなく、三陸経済、物流の促進、産業の活性化など、復興・創造への思いは様々だったことでしょう。きっと『希望の光』だったに違いありません。映像に映っている人々の表情に今こそ想いを馳せることができるのではないかと思います。

町の玄関口であり、顔でもある駅舎と鉄路を一日も早く再びよみがえらせることは、人々に大きな夢と希望を与えると思います。

私は、この『昭和初期9.5㎜映画』が人々が街の将来に夢と希望を抱く、復興の一筋の光になることを願っております。そういった意味で、この映像の役割は大きいと思います。

かなり、生意気なことを申し上げましたが、貴会におかれましても、今後とも引き続き、ご配信下さいますよう、地元民の一人としましても、お願い申し上げる次第です。

そして、地元、岩手県や宮城県を含む三陸の復興を祈念して、そして応援の意味を含めて、もう一度ご紹介頂ければ有り難く思います。

私も、この今だからこそ、もう一度、各報道機関などに紹介してみようと思います。

私も、また映像を見たいのですが、いかんせん、ネットワークがまだ遮断されている状態なので、映像も見ることができませんし、ホームページの更新作業もできません。したがって、3月からホームページの更新作業が停止していますことをお詫び申し上げます。

以上、大船渡線と地域の現状とお願いを書かせて頂きましたが、今後とも情報交換等できればと思っておりますので、よろしくお願い申しあげます。

久米川様はじめ、会の皆様のご活躍をお祈り申しあげます。

***********************
 
   JR大船渡線利用促進・沿線情報の私設サイト
ドラゴンレール大船渡線(観光情報の私設サイト)
(JR様とは関係ない私設サイトです。)
   http://www.ougonrail.com/
 
   副管理人 リアスの汽笛 こと 武藏 通
   連絡先 〒988-0013  宮城県気仙沼市魚町1ー2-17 
    副管理人携帯番号       080-1664-2088
    副管理人メールアドレス   fukukanri@ougonrail.com ******
*****************

追記:

この度の東日本大震災では、私自身、気仙沼市の自宅が被災し、現在、岩手県陸前高田市の実家におります。旧住所は、都市計画が持ち上がれば、移転せざるを得ない状況です。旧住所でも、郵便は現住所に転送扱いになります。携帯番号に変更はありません。

今回は携帯電話を使って書き込ませて頂いております」奥様のご祖父母さんが亡くなられたとのことです。ご冥福をお祈りします。
by rijityoo | 2011-04-21 07:32 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
武蔵 通さんからメールが・・・・
JR大船渡線利用促進・沿線情報の私設サイト ドラゴンレール大船渡線 副管理人 リアスの汽笛 こと 武藏 通さんからメールが届く。親戚の家に避難されているとか。無事で本当によかった。

以前にも書いたが、「昭和初期 9.5mm映画」の陸前高田駅開通式の映像に解説文を加えてくれたり、「昔の水澤映画」に関しては、制作年次を映像から明らかにしてくれた方であり、連絡が取れず心配していたが、本日メールが届き・・・・・。

武蔵さんのメールは次回に掲載予定(電話で了解済み)。
by rijityoo | 2011-04-20 23:41 | Comments(0)
第52会科学映画祭のご案内
財団法人日本科学技術振興財団からの案内状が届きましたのでお知らせいたします。

下記により、第52回科学技術映像祭の入選作品発表会(上映会・
表彰式)を開催いたしますので、ご都合がよろしければご出席
下さい。

上映会 4月21日(木)10:00~16:30
    4月22日(金)10:00~11:45
表彰式 4月22日(金)13:00~15:00(授与式は14:00~)

場所 サイエンスホール

詳細はこちら
by rijityoo | 2011-04-20 13:53 | Comments(0)
配信中の「半田手延べそうめん」朝日新聞徳島県版に
2011年4月19日朝日新聞徳島県版で「半田手延べそうめん」が紹介される。
こちらから
by rijityoo | 2011-04-19 23:06 | 新聞記事(7) | Comments(0)
モッコウバラは何時咲くの
春の到来をつげる庭のモッコウバラ、まだつぼみも固く、何時咲くのだろう。例年4月初めに白い花がパーゴラを飾るのであるが。
by rijityoo | 2011-04-19 09:08 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
原子力関係映画の再生が8万回を越える
「福島の原子力」が61,755回、「黎明」が15,225回、「原子力発電の夜明」が10,733回、合計87,913回再生される。
by rijityoo | 2011-04-18 19:07 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
フジフィルムなどが被災地の写真の修復に協力
被災にあわれた方にとって一枚の写真は残された貴重な資料。ボランテイアが中心となって始まった写真等の収集と展示。昨日の新聞ではフジフィルムなどの企業のバックアップが始まったとのこと。

東京光音は8mmフィルムを修復して直接被災者に届けたの朝日新聞の記事(4月12日夕刊)。この輪がもっともっと広がり、被災者に貴重な写真等が届く事を願う。
by rijityoo | 2011-04-18 09:57 | Comments(0)