人気ブログランキング |
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2013年 10月 ( 73 )   > この月の画像一覧
「アリの世界」
アリの世界
「アリの世界」_b0115553_13553374.png

受賞歴

文部省特選

作品概要

制作:学習研究社 1956年 18分

クロオオアリの生活を丁寧に追っています。
女王1匹から働きアリが増える様子、いろいろなアリの生活など撮影に時間をかけているようです。

監修

東京学芸大学 教授 理学博士 古川晴男

指導
by rijityoo | 2013-10-27 13:56 | Comments(0)
ふくい科学学園理事長香川喜一郎先生から講演会について・・
香川先生から講演会開催に関して以下の趣旨書が届きました。NPO法人科学映像館(www.kagakueizo.org)が配信している映画には戦前の貴重な映画もあり、多くの方にご覧いただき、活用されています。先月ウェブサイトを全面改造して以来、一段と視聴者も増え、この1週間、毎日4、000回弱の再生されています。福井県下でお住まいの方で、貴重な映画にご感心のお持ちの方は、ぜひご参加をください。

日時:11月16日13:30~16:00
場所:福井市アッサム7階
プログラム
(1)「映画史から見た科学映画」冨田美香(立命館大学映像学部准教授)
(2)「科学映画を用いる世代間交流」香川喜一郎(ふくい科学学園理事長)
(3)「よりよい映画をのこすために」松本一正(東京光音事業所長)
(4)「科学映像館設立への想い」久米川正好(NPO法人科学映像館を支える会理事長)

<講演会: 「昭和の科学映像と現代的活用」開催の趣旨>

第2次世界大戦後、日本の復興と科学技術振興のために多くの優れた科学短編映画が国の研究機関や民間会社で製作され、学校や地域公民館などで行われる映画会の中で利用されました。それらの映像フイルムをディジタルデータで保存し、インターネットで無料配信している団体があります(NPO科学映像館を支える会)。

ふくい科学学園では数年前より、この団体から映像の提供を受け、アオッサ実験教室や夏の合宿、また公民館での世代間交流事業に利用しています。25年度は、NPO科学映像館を支える会とNPOふくい科学学園との共同で日本郵便年賀寄付金の助成事業(「理科教育推進のための科学教育映画収集・活用ならびに関連する理科実験実施の支援事業」)をおこなっており、その事業プログラムの1つとして上記タイトルの講演会を開催することになりました。昭和時代に製作された素晴らしい映像遺産を現代的に活用していくことは大変意義のあることと考えます。

講演会では,最初、映画史の専門の先生に基調講演をしていただき、次に、ふくい科学学園が実施してきました昭和の科学映画を利用した世代間交流事業を紹介させていただきます。その後、古い映像をよみがえらせる専門技術会社で有名な東京光音社より技術的なお話をしていただき、最後にNPO科学映像館を支える会理事長の久米川先生から、戦後世界的に有名であった科学映画監督“小林米作”の偉業と、小林米作を記念した科学映像館の設立、および現在の科学映像館の活動状況などに関してお話していただきます。

                      中略

講演会の中では、実際に昭和時代の科学映画を映写します。また、ネットで映像を見る方法や活用法に関しても説明いたします。皆様には、是非この講演会にご参加いただき、日本の貴重な映像遺産の価値をご理解いただき、その活用にご協力いただきますようお願い申し上げます。
                                             平成25年10月23日
                                             NPOふくい科学学園
                                      理事長 香川 喜一郎 」
by rijityoo | 2013-10-27 07:27 | 年賀寄付金(36) | Comments(0)
来週の配信予定作品は「日本の音風景100選福井・滋賀・奈良編」
日本の音風景100選福井・滋賀・奈良編4話
制作:東京シネマ新社   企画:日本ビクター
1998年 カラー 35
(1)衰脇の時水 
(2)三井の晩鐘       09:29
(3)彦根城の時報鐘と虫の音 19:21
(4)春日野の鹿と諸寺の鐘  26:55

(1)衰脇の時水
 
来週の配信予定作品は「日本の音風景100選福井・滋賀・奈良編」_b0115553_10413217.png

武生市味真野地区の蓑脇町に、標高611メートルの大平山がある。この山には頂上が二つあり、北向きの谷間は、木呂谷と呼ばれている。その中腹に、洞孔の奥の亀裂から、ほぼ60分間隔で、最高200�の水が吹き出している間歇冷泉が存在する。

 水量は季節や降雨などに関係なくほぼ一定し、最高噴出水位から50分ほど経つと、最低水位となり、止まることはない。

 最高水位に近くなると、下流の滝の音が大きくなり、昔、山で仕事をしている人たちが、この音を時計がわりにしたことから、「蓑脇の時水」と呼ばれた。間歇の原理は定かではないが、地元の人たちは、この不思議な自然現象を大切に守り伝えている。

(2)三井の晩鐘
来週の配信予定作品は「日本の音風景100選福井・滋賀・奈良編」_b0115553_10465185.png
 
近江八景のひとつとして有名な「三井の晩鐘」は,天台寺門宗総本山の園城寺(三井寺)の金堂前の鐘楼につるされている。この鐘は,慶長七年(1602)に,伝説で知られている「弁慶の引摺鐘」を摸して造られたものである。

琵琶湖を眼下に見下ろす長等山の静かで広大な境内にあるこの鐘は,毎夕,暮れ六つの鐘として周辺に時を告げ,大晦日には,琵琶湖の竜神伝説に由来する除夜の鐘の行事も行われる。
 
その音色のすばらしさは古くから知られ,形の平等院,銘の神護寺とともに,音の三井寺として日本三名鐘のひとつに数えられており,長い歴史が育んだ物語や伝説とともに,地域の人々に親しまれている。

(3)彦根城の時報鐘と虫の音
来週の配信予定作品は「日本の音風景100選福井・滋賀・奈良編」_b0115553_10514721.png
 
琵琶湖畔の小高い丘の上に端正にそびえたつ白亜の彦根城。その時報鐘は、国宝に指定されている天守のすぐ近く、城下を一望できるところにある。元は鐘の丸にあったが、城下一帯によく聞こえるように、現在の場所に移された。

 12代藩主、井伊直亮の時代に、より音色の美しい鐘にするために、小判を入れて造られたと伝えられており、現在でも時代の移り変わりを音色で知らせる”時のオルゴール”として、城の係員によって朝6時から夕方6時までの3時間ごとにつかれている。

 また、彦根城を背景に聞こえるヒグラシの蝉しぐれや、スズムシなどの虫の音は、旧大名庭園「玄宮園」の風情を醸し出している。毎年9月には、虫の音を聞きながら邦楽、野点を楽しむ「玄宮園で虫の音を聞く会」が催される。(weblio辞書から)

(4)春日野の鹿と諸寺の鐘 
来週の配信予定作品は「日本の音風景100選福井・滋賀・奈良編」_b0115553_1111254.png

奈良市のほぼ中央に位置する春日野あたりは,初夏の鮮やかな緑はもちろん,四季それぞれに多様な姿を見せるとともに,約1200頭もの野生の鹿が,訪れる人々をつぶらな瞳で迎えている。
 
早朝,この辺りを散策していると,静けさのなかに時折鹿の鋭い鳴き声が響き,さわやかな空気に溶けあったその風景が,心をなごませてくれる。
 
また,奈良の歴史の象徴ともいえる社寺も数多く,奈良公園の玄関にあたる五重塔のそびえる興福寺,大仏殿を構える東大寺はその代表である。そして寺々の鐘は,創建の頃より時の流れをこえた重みのある鐘の音を響かせ,古都奈良の町と人々に安らぎを与え続けている。(残したい日本の音風景から)
by rijityoo | 2013-10-26 10:42 | 活動予定(395 ) | Comments(0)
クロネコヤマトの冷凍にも問題が・・・
冷凍扱いの仕分けが常温で行われていたとか。

個人的には20日発送のメール便が渋谷にまた届かず。羽田の近くに発送センターを新設、ここにトラブルがあったらしい。22日発送のメール便は昨日着とは。

19日に行った大腸検査の病理組織検査結果、良性とのこと。また来年まで一安心。

今朝の地震にはびっくり、震度4とか。台風の大雨と地震のダブルパンチの週末。来週から本格的な秋到来か。
by rijityoo | 2013-10-26 10:01 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
この2日間ウェブサイトへ・・・・・・
この2日間のアクセスが約5、000件と異常に多い。特にアクセスしているホストとリンク元は幅広く片寄りもなくい。あえて言えばWindowsが初めて70%を切れる。

1.Windows 69.31%
2.iOS 14.57%
3. Android 7.70%
4. Macintosh7.34%

今朝は例によってストレッチへ。ごご台風の影響が心配。特に大島への被害が少ないことを祈る。

阪神阪急ホテル社長の昨夜の会見:偽装ではなく、誤表示とは?有名ホテルがこれでは、我々はどこも、誰も信用できなくなるのでは?

信用している客は勿論、関係していた料理人、九条ねぎの生産者の気持ちは?九条ねぎが区別できないシェフはいないのでは?フレッシュジュース、ハンバーグ、鮮魚と冷凍魚、全て偽装としか言い様がない。

依然から大阪駅近くにあった新阪急ホテル、よく利用していたが、ここは東南アジヤの利用者が多かったビジネスホテルに近いもの。中国のことを言えなくなり、とっても淋しい感じ。
by rijityoo | 2013-10-25 08:15 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
深海3572mに生きる 室戸沖南海トラフ4年間の記録
深海3572mに生きる 室戸沖南海トラフ4年間の記録
深海3572mに生きる 室戸沖南海トラフ4年間の記録_b0115553_166482.png


受賞歴

第43回科学技術映像祭 内閣総理大臣賞
第13回UNICAJA国際科学映像ビエンナーレ(ロンダ・スペイン)出品
第12回TEPIAハイテク・ビデオ・コンクール
最優秀作品賞映像文化製作者連盟会長賞

作品概要

製作:東京シネマ新社 企画:岩崎望、岩井雅夫、東京シネマ新社
2002年 カラー 23分

海洋科学技術センター(JAMSTEC)は、1997年、室戸沖110km、南海トラフの水深3572mに、海底地震総合観測システム先端ステーションを設置しました。岩崎望・岩井雅夫ら高知大学の研究者は、設置以来附属のビデオカメラを使って、定点における生物観察を行っています。

4年間に800時間も蓄積された映像を構成した本作品は、視覚に頼れない海底の世界での生きものたちの動物の行動や生態を紹介します。

学術協力

馬場敬次、遠藤広光、藤田敏彦、長谷川和範、菊地知彦、窪寺恒己、
三浦和之、村野正昭、並河洋、奥谷喬司、太田秀、武田正倫、
徳永史生、Carole Vallet、渡辺洋子、George Wilson
by rijityoo | 2013-10-24 16:06 | Comments(0)
本日お届けする映画は「みんなわが子」
もんなわが子
本日お届けする映画は「みんなわが子」_b0115553_10441836.png

制作:全農映
原作:月光原小学校編「学童疎開の記録」(未来社刊)その他より
1963年 白黒 1時間33分

太平洋戦争の末期に戦況の悪化に伴い、米軍機による本土空襲が必至の情勢となったため、政府は学童の安全を守るため、東京をはじめ横浜、名古屋、大阪、神戸、小倉、門司など全国13の大都市、工業都市に住む学童を、昭和19年(1944年)8月から半強制的に地方へ疎開させましたが、空襲が激しくなった翌20年には更に京都、呉などの4都市を疎開指定都市に加えました。その結果大きな都市では子供の遊ぶ姿が町から消えました。この映画は学童疎開の小学生がどのような生活をしたのかを現存する資料をもとに描いた作品です。

スタッフ

製作:中山 亘
監督:家城巳代治
by rijityoo | 2013-10-24 10:44 | 新配信映画 | Comments(0)
日本の城のルーツ、役割などを描く「日本の城」
日本の城
日本の城のルーツ、役割などを描く「日本の城」_b0115553_7492049.png

受賞歴

第7回対外日本紹介映画コンクール 第二部門  金賞受賞
文部省選定

作品概要

製作:日映科学映画製作所 企画:ミツウロコ カラー 33分

日本の歴史的遺産の城について、そのルーツや役割、現存している城の特徴などを描いた作品である。
by rijityoo | 2013-10-24 07:49 | Comments(0)
結核が滋賀医科大学と東京の学校で発症とのこと
科学映像館では結核に関連した作品を配信しているのでご覧いただきたい。

1.空洞を探る

2.結核の生態

3.結核と斗う

4.結核菌と化学薬剤-ミクロの世界 第2部-

5.ミクロの世界-結核菌を追って-
by rijityoo | 2013-10-23 11:23 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
「第6回の映像と理科実験」が行われました
平成25年度日本郵便の年賀寄附金の助成を受けての事業が以下の様に行われました。香川先生のいつもながら活動には頭が下がります。来週も行われる予定です。

配信映画が関連実験にお役に立っているとのお話に感激しています。
「第6回の映像と理科実験」が行われました_b0115553_2041333.png

映画・実験題目、参加人数等は以下の如くです。
<場所>三国南小学校(坂井市)
<映画>「新幹線物語」
<実験>「まさつのない装置で作用・反作用の法則を見よう」
<時間>午前9;30~午前11:30
<参加者>
児童:41名  (三国南小学校5年生1組・2組の合同)

三国小学校教員:4名(校長先生を含む)
ふくい科学学園:8名 (主に高齢者)
合計:53名

今回の事業を終えて香川先生の言葉
「前回の5回と同様、大変盛り上がりました。内容は小学生には難しかったと思いますが、
児童は次々と出る珍しい実験に大喜びでした。校長先生は理科専門の先生ですが、非常に
高い評価をしていただきました。映画の評価も大変良かったです。」
by rijityoo | 2013-10-22 20:41 | 年賀寄付金(36) | Comments(0)