久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2016年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
本日の配信映画は「B1-かつお 」
B1-かつお
b0115553_16251567.png

関連ページ

食品科学 | 農業・漁業・暮らし | 黒田プロダクション

作品概要
製作・企画:黒田プロダクション
1989年 カラー 8分29秒

「ブライン浸漬式凍結」という方法で急速冷凍されて鮮度を保持し、他様々な条件をクリアした一級品の刺身用カツオを「B1かつお」と呼ぶ。その製造工程を映像に収めた作品。
[PR]
by rijityoo | 2016-09-15 16:25 | 新配信映画 | Comments(0)
先行配信のお知らせ「子供の四季」など3作品
1. 子供の四季(英) FOUR SEASONS FOR CHILDREN
b0115553_16175458.png


子供の四季
製作:古賀プロダクシオン  企画:外務省
1973年 カラー 25分

作品概要
四季を通じて微妙な移り変りを見せる日本の自然の中で、すくすくと育つ子供達の姿を通じて、香り高い文化をもつ平和日本への認識を新たにしてほしい。そういう願いをこめて、この映画を海外に送る。

スタッフ
製作・脚本 :清水信夫
演出 :古賀正弐
撮影 :瀬川順一
作曲 :木下忠志

2.女性と着物(英) WOMEN IN KIMONO
製作:古賀プロダクシオン 企画:国際観光振興会
1972年 カラー 11分

作品概要
日本の着物の特色は、豊かに変わる自然を巧みに取り入れて、柄としている。日本の風物を背景として、着物と日本女性の風情を映画詩としてうたいあげた音楽映画である。

スタッフ
製作・脚本・演出 :古賀正弐
撮影 :瀬川順一
作曲 :木下忠司




b0115553_1619031.png

3.日本人の余暇(英) RECREATION The Japanese Way
b0115553_1620511.png


製作:古賀プロダクシオン 企画:外務省
1977年 カラー 28分

作品概要
日本人には日本人なりの余暇の過ごし方がある。経済一途にのみ働いているのではないという認識で製作を始めた。

スタッフ

製作・演出 :古賀正弐
脚本 :清水信夫
撮影 :清水久司 他
作曲 :木下忠司
[PR]
by rijityoo | 2016-09-15 16:02 | 先行配信映画(107) | Comments(0)
創設以来の視聴回数トップ10作品
1. 「東日本大震災巨大津波」 26 分 視聴回数 410,373 回
2. 「68の車輪」 32 分 視聴回数 297,227 回
3. 「日本誕生」 32 分 視聴回数 238,939 回
4.「生命誕生」 17 分 視聴回数 117,497 回
5. 「美しき国土 その生い立ち」 47 分 視聴回数 100,854 回
6.「蒼い記憶」 1 時間30 分 視聴回数 94,367 回
7. 「カブトムシの研究」 16 分 視聴回数 92,532 回
8. 「YS-11 ~新しい日本の翼~」 32 分 視聴回数 89,017 回
9.「つばめを動かすひとたち 」 24 分 視聴回数 84,831 回
10.「新しい鉄道力 」 19 分 視聴回数 78,297 回
[PR]
by rijityoo | 2016-09-14 11:15 | Comments(0)
最近1か月の話題作トップ
ちなみに「東日本大震災巨大津波」は10,677回、62,423分視聴された。20位の自然放射能は1,068回、8,874分視聴。作品によって視聴時間は異なるようである。

1. 「東日本大震災巨大津波」
2. 「蒼い記憶」
3. 「美しき国土 その生い立ち」
4.  「68の車輪」
5.  「原子力発電の夜明け」
6. 「伝承の技と心 越前打刃物」
7. 「科学の眼 ニコン」
8. 「沖縄730 道の記録」
9. 「つばめを動かすひとたち 」
10.「ゴキブリ百科」
11. [力の技術ーモートル」
12. 「電子の技術ーテレビジョン」
13. 「雪に挑む」
14. 「衛星通信
15.「むかしの農業」
16. 「昔の暮らし」
17. 「日本誕生」
18. 「YS-11 ~新しい日本の翼~」
19. 「目でみる福島第一原子力発電所」
20. 「自然放射線 」
[PR]
by rijityoo | 2016-09-13 06:14 | Comments(0)
「名神高速道路」のDVDが届く
この作品がNexco 西日本関係者から、知人を介して届けられて3か月。著作権者と交渉がまとまり、本日DVDが届く。このように発掘以来、配信までに時間とエネルギーを消耗すこともある。でも素晴らしい作品は多くの方に見てもらいたい一心で。10月配信予定です。

名神高速道路
製作:日映新社 企画:日本道路公団
1964年 カラー 66分
b0115553_16325196.png

受賞歴
文部省特選
科学技術庁長官賞
東京都教育映画コンクール金賞



作品概要
わが国初の本格的高速道路である名神高速道路の建設工事を克明につづり、あわせてその意義を説く。

スタッフ
製作 :見達秀一
脚本/演出: 落合朝彦
撮影: 坂崎武彦
作曲:団伊玖磨
照明:古市収
録音:須田商
製作主任:落合朝彦
整理:高橋由明
開設:川久保潔
[PR]
by rijityoo | 2016-09-12 16:32 | Comments(0)
映画フィルムのデジタル化について
私達「NPO法人科学映像館」で配信している記録映画のフィルム素材の修復とデジタル復元は、高度な技術を要するため、私達は株式会社東京光音にその業務を委託してきた。本日デジタル化に関する一連の工程を東京光音所長松信集秀明氏に書いていただいた。参考していただければありがたい。なお一連の作業工程はこちらでご覧いただけます。
b0115553_17414778.png

映画フィルムのデジタル化について
   (株)東京光音 テレシネ/ビデオ/サウンド/デジタル修復・復元センター
                              所長 松信秀明

1、はじめに
映画フィルムからのデジタル化の作業方法及び作業工程を解説する前に、何故デジタル化を行う必要があるのかという部分に触れたい。

デジタル化の必要性については2つの理由が挙げられる。先ず1つ目はフィルムの再生機=映写機やテレシネ機が今後無くなっていくからで、双方とも生産は終了、メンテナンスも終了しているため、機材の新規購入及び修理も不可となっている。映写機に関しては機械的なパーツが多いため、代用パーツ等を使い、その場しのぎの延命は可能だが、テレシネの場合は電子パーツが多用されており、パーツ及び基盤の入手が困難なため重大な故障が起きると修理不可となる。どちらかと言えば簡易的にフィルムの映像を見るためのツールである映写機やテレシネ機が消えていく背景があるため、デジタル化(デジタルファイル化)が今後重要となってくる。
 
2つ目の理由は映画フィルムの劣化問題である。映画フィルムは遅かれ早かれ必ず劣化する。保管状態や環境により劣化速度は変わるが、確実に、しかも一度劣化が始まると加速度的に劣化していく。最終的には粉化、または固形化し、乳剤自体が溶解してしまうため、映像そのものを失うという結果となる。残念ながら映画フィルムの所有者や保管担当者が、フィルムの劣化に対する知識を持っていない例が多く、また費用面的な理由から劣化対策等はされておらず、言わば「放ってある」状態になっているのが現実である。映画フィルムは記録映像等、二度と同じものを作れないような貴重・希少なものが多く、そういった資料を失わないためにも劣化が進む前にデジタルファイル化を行っておくことは非常に重要だと言える。
 
b0115553_21493191.jpg

一方、映画フィルム再生の新しいツールとして多種のフィルムスキャナーが出回っている。スキャナーの価格帯はピンからキリまであるが、テレシネ時代に比べコンピューターの技術が進み、また半導体の価格も大幅に下がっているため比較的安価な投資で設備が出来る。そのためフィルムデジタルアーカイブ事業に参入しやすく、現に多くの業者が参入、参入しようとしている。ここで危惧されるのが、映画フィルムに対する知識、劣化に対する知識や正確な修復・補修の技術を持たずとも、安価なフィルムスキャナーを購入すればデジタル化の事業が出来てしまう事である。

弊社の理念は可能な限り良い画質、良い品質、良い状態で後世に残していくことであるが、「映像が残ればいいでしょ。映像が見られればいいでしょ」レベルで驚くような低価格でのサービスを展開している業者もあり、そういった業者と競合していかねばならない。

貴重な映像資料をより良い状態で残していくために、映画フィルムのデジタルアーカイブの本来の理由、目的をもう一度正確に考え直し把握する必要があると思われる。

2、映画フィルムからのデジタル化作業手順
①フィルムの状態確認
先ず、フィルムの概要調査を行う。この調査をインスペクションと言う。
専用のフィルムリワインダーを使用し、手動で巻き取りながらフィルムの種類、劣化度、製作年、内容、損傷の程度等を調べ記録する。この記録を基にその後の作業の方針が決まるため、インスペクションはたいへん重要な作業である。 尚、インスペクション時にフィルムの損傷箇所(パーフォレーションの破損欠落、裂け目等)は手作業にて補修する。また、過去に行われた補修跡が劣化していたり、正しく補修されていない場合はこれも再補修を行う。
b0115553_21244823.png

 
目に見える大きなごみや汚れが付着していた場合は、無水エタノールと毛羽立たない布を使い、手拭きクリーニングする。
※使用ツール
 専用フィルムリワインダー、スプリットリール、専用スプライサー、スプライシングテープ、和ばさみ、ルーペ、ライトボックス、ピンセット、ガーゼ、無水エタノール等。

②クリーニング
 劣化により脆化が始まっているものや強度を失っているもの、エマルジョン(乳剤)の剥離が始まっているフィルムはフィルムの保護上、クリーニングは行わない。
それ以外のフィルムはパッチテストを行い、クリーニングに対する安全性を確認後、自社開発のフィルムクリーニングマシンで洗浄をする。
b0115553_21263329.png

対象フィルムは8ミリから35ミリまでの各種フィルムのポジ・ネガ。フィルム上の汚れ、ゴミ、手油等の油性汚れ、カビ等の水溶性汚れを洗浄することができる。自社での検証の結果、クリーニングを行うことによって、細かいキズが修復される効果も確認できている。
 
古いフィルム、汚れの酷いフィルムはクリーニング後ステインベックにかけ、汚れの落ち具合を確認する。汚れが落ちきっていないものは再度クリーニングを行い、クリーニングの効果が確認できたものは念のためドライクリーニングマシンにかけ、フィルム表面に付着したゴミを除去する。
※使用機材
 自社開発フィルムクリーニングマシン(ウエット)、ドライクリーニングマシン、
ステインベック

③デジタル化(テレシネ
 SD~HDまでの解像度、且つビデオフォーマットへの変換はテレシネ機を使用して行う。データファイルの作成はビデオメディアよりデジタイズを行い、任意のファイルコーデックを作成する。
 フィルムをテレシネにかけ画郭、再生スピードの調整を行い、カラーコレクションマシン(システム)を使い、色の濃度・色調を補正する。この色調補正の作業をタイミングと言う。色調補正の範囲はフィルムに残っている色の成分を最大限引き出し、色のバランスを調整する。つまり作業者(カラリスト)が独自に新たな色を作り出すことはせず、アーカイブの観点から、劣化褐色を起こす前の状態に戻す目的で行われる。
b0115553_21274033.png

 フィルムを再生、タイミングデータを適用しテレシネより出力されたビデオ信号をテープメディアに収録する。その際、映像のノイズ(フィルム上のキズ、ゴミによるもの)をリアルタイムで消去処理するノイズリダクター、フィルム走行時に発生する揺れを補正するスタビライズ等の周辺機器を使用し、1パスで出来る限り高品質な映像を収録する。
※使用機器
 SDテレシネ Cintel URSA GOLD、HDテレシネ Cintel C-Reality+Oliver、
HDテレシネ Cintel MillenniumⅡ、
カラーコレクター da Vinci 2K、da Vinci 2K Plus
ノイズリダクター Digital Vision DVNR 2K 等

④デジタル化(フィルムスキャナー)
SD~4Kまでの解像度、且つデータファイルフォーマットへの変換はフィルムスキャナーを使用して行う。フィルムスキャナーより出力されるデータは、非圧縮から様々な圧縮コーデックの任意のデータファイルを作成できる。また、フィルムの色情報を最大限データ化したLogデータとある程度色補正をしたLinearデータの2種類のスキャンデータを出力可。Logデータはネガフィルム、Linearデータは退色したポジフィルムに対し有効である。

その他の主な特徴として、光学式ピンレジストレーション機能によりフィルム走行による揺れが発生しない事や、4K 30fps、2K 60fpsという高速スキャニングが挙げられる。最大の特徴として、スプロケットレスでフィルムに対し負荷をかけるパーツがないので、劣化変形したフィルムも安全に走行できる。
出力されたスキャニングデータに対し、カラーグレーディングシステムを使用し、
    色調、濃度補正を行う。
    ※使用機器
     4Kフィルムスキャナー Lasergraphics Scan Staion
グレーディングシステム Filmlight Baselight、da Vinci Resolve

⑤デジタルリストア(パラ消し)
フィルムクリーニングマシンで落としきれなかったゴミや汚れ、フィルムのキズをレストレーションソフトを使いデジタル修復を行う。その他フィルム破損跡、切断跡、揺れ止め、フリッカー処理等、映像上の問題も修復する。キズ・ゴミに対し先ず自動検出―自動処理を行う。この作業ではキズ・ゴミ以外に消してはいけない画も誤認識で消してしまう危険性があるため、注意確認しながら行う。誤消去してしまったものは手動作業で元の状態に戻すことができる。
次に自動処理で消しきれなかったキズ・ゴミやフィルムの損傷跡を手動操作にて消去する。同時にその他の映像上の問題も修復する。

このパラ消しの作業はデジタル化の作業工程の中で最も時間を要する。手動操作の作業は画1コマ1コマを確認しながら行わなければならず、根気と忍耐力、集中力が必要となる。SDからHD、4Kと解像度が上がり画質が鮮明になると、それに比例してキズ・ゴミも鮮明となり目立ってくるので、今後の高解像度時代においてパラ消し作業は必須の工程となる。
    ※使用機材
MTI FILMS Correct DRS、THE PIXEL FARM PFClean、Cine Cure

⑥データ変換
 前項パラ消し作業は非圧縮データファイルで作業をするため、納品形態に合わせたファイルフォーマットへの変換を行う。音声のある作品はこの時点で音声の合成を行い出力する。(音声データは事前に整音を行う。)
収録メディアは各種ビデオテープ、ディスクメディア、HDD、LTO等。
※使用機材
 Adobe Premiere Pro CC、Avid Media Composer、Apple Final Cut Pro、
Avid Pro Tools、ROHDE&SCHWALZ Pronto
     
[PR]
by rijityoo | 2016-09-11 21:28 | Comments(0)
古賀プロダクション製作3作品のデジタル化が終わる
古賀プロ3作品のデジタル復元が終わり、サーバー管理者へ発送.
35mmネガの保管は完璧であり、東京光音のデジタル復元技術によって見事に蘇っている。
1.女性と着物
b0115553_17332120.png


2.日本人の余暇
b0115553_17344896.png


3.子供の四季
b0115553_17353627.png

[PR]
by rijityoo | 2016-09-10 17:33 | Comments(0)
9月15日配信予定映画は「B1-かつお」
B1-かつお
b0115553_1632710.png

製作:黒田プロダクション企画:鹿児島県枕崎市。
1989年 カラー 9分

概要
皆さんは最近、かつおのたたきをスーパーで購入、賞味されてていると思う。あれは新鮮なかつおでなく、凍結保存されたものらしいです。しかし凍結の方法、ブライン凍結では新鮮そのものようなかつおが…。この作品は超低温で鮮度を保持した刺身用カツオの製造工程。
[PR]
by rijityoo | 2016-09-10 15:55 | 活動予定(395 ) | Comments(0)
アメリカ占領下の日本」4巻のメタデータ
 「アメリカ占領下の日本」 のメタデータが東京シネマ新社岡田一男氏から届きました。ご参考まで。
なおこの作品の配信は科学映像館のTFMAプロジェクト基金によって行いました。プロジェクト賛同者に感謝しています。

この活動にご協力いただける歯科関係者及び役目を終えた義歯とうをお持ちの方をご紹介ください。
この活動にご協力いただける歯科関係者及び役目を終えた義歯とうをお持ちの方をご紹介ください。
ご連絡は久米川までお願いします。

作品概要
企画・制作:ウォークプロモーション 制作協力:エヌ・ツー
発売:コニービデオ 1995年 5巻組構成各話約45分

大日本帝国は1945年8月14日に、アメリカが主体となった連合国のポツダム宣言を受諾し、無条件降伏による長く続いた戦争の終結への道を選択した。アメリカを主体とする連合国は、戦後処理のため、占領軍の最高司令官にアメリカのダグラス・マッカサ―元帥を任命し、講和条約発効までの執行機関として、GHQ/SCAPと呼ばれる連合国軍最高司令官総司令部を組織した。

この作品は、GHQによる占領の主体を担ったアメリカ軍が撮影した膨大な映画フィルム、主として16mm反転フィルム、(部分的にはカラーフィルムを含む)により、連合国軍による占領と再生して行く日本を、1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効の日まで紹介していく。

第1巻 大日本帝国解体
第2巻 最高司令官マッカーサー
第3巻 東京裁判
第4巻 アメリカン・デモクラシー
第5巻 総集編 大日本帝国崩壊

スタッフ
脚本:石井健次 音楽:国本佳宏 ナレーション:澤木郁也
監督・編集:石黒典生 制作総指揮:林良久

このシリーズについていまだ本シリーズの著作権は消滅していないが、制作を担ったプロデューサー林良久は他界し、1995年に作品制作の母体となったウォークプロモーション、販売を行ったコニ―ビデオも解散しており、演出担当者とも連絡ができないため、詳細不明な点が多々ある。

この作品シリーズは、最終的には5部構成となっているが、1995年にVHS版が販売された当初は、3巻組であったようで、次いで第4巻が追加された。また別に5巻目にあたる総集編も制作販売が行われている。DVD版は、2005年に販売が始まった。ウォークプロモーションの解散後は、制作会社プロジェクトチームが諸権利を継承して、DVD販売を2014年のコニ―ビデオ解散まで続けた。

生前の林プロデューサーから作品マスター類を託された、TTサウンドワークス鈴木利之は、東京シネマ新社岡田一男の協力のもと、本作品が、末永く、有効に活用されていく道を模索してきた。NPO法人科学映像館を通じてのウェブ上での公開は、その一環である。

保存マスターは、D2とベータカムとあり、NPO法人科学映像館のウェブ公開用デジタルデータ抽出は、東京シネマ新社がベータカムから行い、D2しかない第5巻は科学映像館の「TMFAプロジェクトに」よる経費負担で東京光音が担当した。
[PR]
by rijityoo | 2016-09-10 06:50 | Comments(0)
本日の配信映画「ナブラ -赤道直下にカツオを追う一本釣りの漁師達- 」
ナブラ -赤道直下にカツオを追う一本釣りの漁師達-
b0115553_1353259.png





関連ページ

農業・漁業・暮らし | 黒田プロダクション

作品概要

製作・企画:黒田プロダクション
1983年 カラー 60分

1982年11月から12月までの55日間、三重県尾鷲市三木浦港所属の遠洋カツオ一本釣り漁船、第2慶福丸(434トン・三鬼哲漁労長・乗組員38名)が、赤道直下のマーシャル諸島沖で大きなカツオの群れに当たったのを筆頭に、計273トンもの大漁で終えて帰港するまでを映像に収めた作品。

(漁師兼カメラマン 黒田輝彦氏のコメント)
一つの大きなナブラで、カツオを釣っては魚倉に入れ釣っては魚倉に入れ、一日で70トンの大漁となりました。乗組員は全員くたくたになり口をきく元気もありませんでした。

出漁中、マーシャル諸島の西の瀬で、大きなナブラ(カツオの群れ)を見つけました。まるで釣られるのを待っているかのように本船の周りをゆっくりと泳いでいました。
三鬼船頭(漁労長)は「こんなナブラはめったにないぞ」といい、私は急いでブリッジの上の見張り台に昇り、フィルムの残りを気にしながら息を弾ませ撮影を続けました。
空撮に似たこのときの映像は他社に類似がなく、多くのビデオ作品やテレビ番組などで使用されています。

協力

慶福丸(三重県尾鷲市三木浦町)

スタッフ

製作・監督・撮影:黒田輝彦
作曲:大久保正人
録音:大石和也
録音助手:戸部政明/河野雄司
ネガ編集:加納宗子
タイトル:スタジオ・ビック
録音所:青山録音センター
現像所:ソニーPCL
[PR]
by rijityoo | 2016-09-08 13:53 |  三水会 便り(5) | Comments(0)