人気ブログランキング |
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
<   2019年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
役目を終えた手元にお持ちの撤去冠(義歯、金冠など)やアクセサリ等のご寄付のお願い。
フィルムのデジタル復元には約8万円が必要です。個人のご厚情以外に、役目を終えた撤去冠(義歯、金冠、インレイなど)により、アナログ時代の秘蔵作品が蘇ります。皆様のご協力で貴重な作品をデジタル復元し、共有化して時代に贈りましょう。
役目を終えた手元にお持ちの撤去冠(義歯、金冠など)やアクセサリ等のご寄付のお願い。_b0115553_22490114.jpg
これまでに延べ170歯科医療機関と20人方から頂いた撤去冠は約700万円、昨年度運営費の約7割を占めています。

また皆様のお家に役目を終えた銀杯、ネクタイピン、金製のメガネ、万年筆や装飾品などが御座いましたら、川越市霞ヶ関東3-1-16 NPO法人科学映像館を支える会まで着払いでお送りください。
役目を終えた手元にお持ちの撤去冠(義歯、金冠など)やアクセサリ等のご寄付のお願い。_b0115553_22562798.jpg

by rijityoo | 2019-12-25 22:57 | 活動予定(395 ) | Comments(0)
先行配信のお知らせ「富士山大沢崩れ」と「戸隠の四季」


富士山の大沢崩れ


製作:中部地方建設局 企画:建設省

1959年 白黒 無声 12分40秒

大沢崩れとは、富士山の真西面にある大規模な浸食谷のことで、なんとその幅は500m、深さ150m、火口付近から標高2,200mまで続くという大規模なもの。

しかも、大沢崩れは現在も進行中。推定ですが、現在の状態になるまで2,0003,000年。大規模に崩れてはじめてから1,000という節もあるほど昔から進行中。鎌倉時代から崩れてたのかー!

しかも、崩れている土砂の量は、1日あたりで大型ダンプカー30台弱。総崩壊土量は、東京ドーム約60杯分。



製作:英映画社 企画:戸隠観光協会

1981年 カラー 25

先行配信のお知らせ「富士山大沢崩れ」と「戸隠の四季」_b0115553_17302027.png

観光開発による俗化や自然破壊から免れている長野県戸隠、神話や伝説が今も肌に感じられるような戸隠の四季の自然と、素朴な民俗を紹介する。

スタッフ

製作:服部悌四郎

脚本:山添哲/千国秀夫

演出:千石秀夫

撮影:長井貢

作曲:小沢直与志



by rijityoo | 2019-12-24 17:30 | 先行配信映画(107) | Comments(0)
新しい試みを「かがくのふしぎ」
私たち「科学映像館」は素晴らしい科学映像を多数配信している。これらから10作品をセレクトし、子供向けの新しいプラットフォーム「かがくのふしぎ」を企画・試作中。「ろーそくの科学」のような役割を果たしてくれればとの思いで。
新しい試みを「かがくのふしぎ」_b0115553_09485265.png

by rijityoo | 2019-12-22 09:49 | 活動予定(395 ) | Comments(0)
You Tubeの視聴者動向
You TubeNPO法人科学映像館を見ている人の男女比と年齢層は
You Tubeの視聴者動向_b0115553_09021841.png
一方、科学映像館では
You Tubeの視聴者動向_b0115553_09095377.png
You Tubeの視聴者動向_b0115553_09090330.png
You Tubeで使用している端末デバイスはPCが約40%
You Tubeの視聴者動向_b0115553_09040010.png

by rijityoo | 2019-12-18 09:05 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)
先行配信のお知らせ「御母衣ロックフィルダム建設 第一部」

御母衣ロックフィルダム建設 第一部


製作:英映画社 企画:株式会社間組

先行配信のお知らせ「御母衣ロックフィルダム建設 第一部」_b0115553_13551072.png

1961年 カラー 47分 

奥飛騨を源とする荘川の上流域御母衣地域に特殊な方法を用いて建設する大型ダムの建設記録。


by rijityoo | 2019-12-14 13:53 | 先行配信映画(107) | Comments(0)
新配信映画「佐久間ダム建設記録―第2部」

新配信映画「佐久間ダム建設記録―第2部」_b0115553_22442844.png

受賞歴
第四回全日本PR映画コンクール建設大臣賞
作品概要
製作:英映画社 企業:電源開発株式会社 施工:株式会社間組
企画/構成:株式会社間組
1956年 モノクロ 59分
戦後の経済復興を象徴する、当時日本最大の天竜川・佐久間ダムの建設記録。「昭和28年春~昭和29年末までの工事記録」(第二部)
天竜川を堰き止め、重厚な存在感のある景観が素晴らしい佐久間ダムは日本で初めて大規模な土木機械を導入したことで、土木業界に大きな影響を与えた大ダムとして歴史的な価値も高く、昭和28年の着工からわずか3年で完成した。また、年平均14億kWhという発電量は、国内の一般水力発電所としては最大級である。
スタッフ
製作:高橋銀次郎
演出:赤佐政治 
演出助手:大橋春夫               
撮影:広川朝次郎/中西公弘/渡辺種久 
解説:高橋博              
作曲:日本ビクター管弦楽団 小沢直与志               
演奏:日本ビクター管弦楽団

by rijityoo | 2019-12-05 22:44 | Comments(0)