久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
東京光音、DIMEに
 元祖仕事術の山根一眞氏が、「スーパー書斎の遊戯術」と題する記事をDIMEに連載している。10月2日号で、彼が取り上げたのは、株式会社東京光音。現在、絶滅期を迎えている、古い映画フィルムのハイビジョン化に取り組んでいる会社である。この前身は、テレビ会社のニュ-ス、ドラマなどのフィルムの現像を扱ってきた,超プロフェショナルな会社であったと聞く。しかし、フィルムからビデオの時代となり、会社の仕事も古い記録映画フィルムの補修、復元、ハイビジョンのデジタル化(HD化)に取り組む大変ユニークで、貴重な会社に。

 科学映画館は科学映画の活用と保存を目途に、今春、創設された。この活動に賛同、協力してくれたのが,東京光音(東京シネマ新社代表の岡田一男氏の紹介)である。彼らの誠実で前向きな対応で、すでに7編のHD化が終わり、インターネットで配信、好評をえている。科学映像館の活動は、東京光音なくしてあり得なかったと思う。今回の取材で、東京光音がHD化した映像、生命誕生が紹介されている。今まで観ることが出来なかった、血管像が見事に甦っている。

 松本一正所長をリーダーとするこのプロ集団が、デジタル時代の経済優先社会で、採算の合わない仕事に何故ここまで取り組めるのか。ここ数ヶ月間で感じたこと。まず彼らは映像好き人間のプロ集団である。また映像の再生、保存に使命感を持った集まりであろうと。松本所長自身、古いフィルム追いかけ、日本全国を飛び回り、自分の目で確かめハイビジョン化へ、との毎日。また毎年、彼は郷里の東北地方海岸で、キャンプを張りながら雑念を離れた釣り三昧の一週間。映像の保存への使命感と釣りで過ごす1週間が、彼の活力源ではないかと。そしてこの気持ちが、グループの人たちを引き込み、スーパープロ集団へと。

 本格的なフィルムだけでなく、8ミリ映画のフィルムも公共性には欠けるが、関係者にとってはとてつもないお宝である。実はこの夏、昭和30年代後半の結婚式のフィルムを探し出し、デジタル化してもらった。私たち家族にとってはかけがいのない映像が再現。この映像は必ず次世代へ引きつがれると思う。東京光音の取り組みは、必ず評価され、脚光を浴びること間違いない。(なお電話でのお問い合わせは03-3261-6510まで。)
# by rijityoo | 2007-10-03 11:33 | Comments(0)
科学映画制作の舞台裏
 今回は映画制作の最終の仕事、ナレイションについてのお話を。小林さんは科学映画を総合芸術と考え、映像ばかりでなく音学、ナレイションにも気を使われた。音楽では、新進作曲家であった武満 徹、一柳 慧氏らに映画にマッチした作曲を依頼。またナレイターとしては、城 達也、小林 恭次らがしばしば担当している。筆者が拘わった彼等による録音の様子を。

 監修、企画者などと、映像と脚本の調整を終えた後、最終録音に。ナレイターは、スタジオ入りするや、あらかじめ目をとうした脚本の疑問点、映画の内容、専門用語などについて質問、検討後、画像を見ながらの下読みが。ここで始めて本番へ。映像単位でナレイションを収録。その間、ナレイションと映像の微妙な調整が、繰り返し,繰り返し行われる。10数分の科学映画でも、4時間、時には6時間、ぴんーと張り詰めた緊張下での収録が。小林さんの脚本は、ひかえめで、押し付けがましくないこと。時に、十分理解できないことも。しかし、これは、それぞれの人が、それぞれの立場で自然のままに自由に、観てもらいとの考えからである。

 美しく穏やかな音楽にのせて世界各地を紹介する『ジェットスツリーム』は、城達也氏の代表的な番組。一般的には知られていないが、小林作品で最も多くのナレイションを担当された声優が、城氏であった。その数は数十編と思われる。OSTEOCYTEでは、城氏の美しく心安らぐ声でナレイションが、さすがだなと。しかしこれが、科学映画ナレイターとして最後の仕事となった。半年後がんで亡くなられたのである。享年64歳、残念の極みである。

 また科学映画のナレイションを初めて試みてくれたのが、戸田恵子さん。アンパンマンの吹き替えで有名であった彼女が、テレビ界に進出1ヶ月前の収録。スタジオ入り直後、彼女は朗読調から語り調まで数タイプの見本を。語り調でお願いしたのが、破骨細胞分離の映画である。録音中、彼女は服のすれる微かな音を察知、上着を着替えての録音。さすが感性豊かな声優さんだなと。その後、彼女は一躍有名となった。彼女による科学映画のナレイションは2度とないことかも。科学映画でも、ナレイターの果たす役割は大変大きい。個性豊かな声優が全力で挑んでいるナレイションも、お楽しみいただきたい。
# by rijityoo | 2007-10-01 09:40 | Comments(0)
開館、半年
       科学映像館の開館、半年

 4月に開設以来,今月末で6ヶ月の節目を迎える。全く新しいことが多く、試行錯誤の半年で,
関係者に多々迷惑を。大沼,岡田両氏と東京光音のご協力により、科学映画のハイビジョンによるデジタル化(HD化)も、すでに7編を完了、配信中。さらに2編の作業に入っており、今年中には何とか10編はと考えている。HD化作品以外に、ハイビジョン撮影の映画2編とSD化作品32編を配信。これまでに1,238人の方が、延べ91時間も観ていただいた。科学映画に予想以上の関心を示されたことに驚いている。今後、さらに多くの作品を配信し、皆様のご期待に沿いたいと思っている。なおその間、本会の活動へのご理解、ご協力頂いた方に心から感謝。

 今後の活動予定として、皆様のご関心を参考に順次HD化と英語版の配信も。また巷のDVDはまちまちで、配信中のSD化作品でも原版を再現していないものも。そこでSD化作品のリメイクとSD化作品の履歴、すなわち原版からDVDまでの作業過程をファイルに加えたいと考えている。参考にしていただきたい。さらに各地で上映会を企画、多くの人に科学映画を観てもらいたいと。
# by rijityoo | 2007-09-28 11:16 | Comments(2)
科学映像館第2四半期『7-9月』の活動報告

7-9月の活動報告

(1)科学映画のHD化
     (膵臓の内分泌)と(インシュリン分泌の形態学)の2作品をHD化  金沢名誉館長のご援助による
(2)普及活動
  科学映画の上映:第21回ハーモニーの家、森のコンサートin蓼科、8月19日
              上の森発、旬の大学情報、奈良先端科学技術大学院大学、9月、2万人参加
              帝人ファーマ㈱研修会でThe Bone IIが9月22日上映される。
 今後の予定 
  山形国際ドキュメンタリ映画祭、10月6日    
  第23回骨の健康づくりセミナーin浦安、10月6日
  第2回科学映像館主催上映会、東京で開催予定
 パンフレットの配布:解剖学会北海道東北地方会、北海道医療大学、9月29.30日
             奈良先端科学技術大学院大学ホーラムin東京
             東京光音ロビー
             山形国際ドキュメンタル映画祭
 アメリカ骨代謝学会における須田立雄名誉教授の特別講演で紹介される。
 雑誌:10月2日号DIME〔隔週発刊〕で紹介
 新聞:長野日報で8月20日、森のコンサートが報道される。
(3)インターネットによる科学映画の配信
  HD化作品:2編
  ハイビジョン撮影作品:2編
  SD化作品:20編  5月1日から総計40編

  HD化準備中:1編  The Bone   帝人ファーマ株式会社支援
  SD化作品掲載承諾作品:10編
  SD化作品掲載許可願い:8編
(4)インターネット受信状況
   ホームページ:視聴ページ数(過去3ヶ月の1日の平均数)
            総数、        180
            配信科学映画    72
            科学映画館とは    32
            科学映画の制作   11
            科学映画との出会い 11
            学んでみませんか    10
               リンク         3
   配信映画:5月1日からの総数
          視聴者数、1,170人
          視聴回数、3,210回
          視聴時間、83時間78分
(5)協賛会社の依頼
    7社または団体の協賛または協力を得る。御協力に感謝。
# by rijityoo | 2007-09-25 10:35 | Comments(0)
日本の漁港を巡って〔漁業の現状と漁港めぐり〕

今回は科学映画製作の舞台裏を一休みし、今月の三水会例会のお話。三水会は28年前に発足。異分野の会員が毎月第三水曜日に集まり、ホットな話題を取り上げ、話し合う会である。本年からその内容を骨の健康づくり委員会のHPに花の雑学、三水会便りとして掲載、好評を得ている。今回の話題は、会員の栗生さんが1年かけて実際に20数箇所の漁港を訪ねてのレポート。詳細は近日掲載の三水会便りをご覧いただくとして、その予告編。

 日本の漁業の現状に大変びっくり。漁獲量は最盛期の約600万トンに対して約400万トン。食用魚介類の自給率は53%、養殖の餌も80%が輸入と驚くべき現状。沿岸漁業者は戦後60年で80%が、遠洋漁業者は90%が失職。300万人であった漁業関係者は、現在わずか22万人で、しかも高齢者が多い。

 昭和42年6,000隻と世界に誇った漁船も1,800隻となっている。しかも新造船は年間27隻と最盛期のわずか2%とのこと。台風の時、各港でよく見かける船は廃船で、買い手をまっているものが多いらしい。日本の漁業技術は素晴らしいため、韓国などは、漁労長まるごと船を買いとるといった始末。ハードもソフトも海外へ流失の時代か。

 ここでさらに大きな問題が。日本の漁業政策が全く無策らしい。栗生氏によると、漁船の数は激減し、漁業は休業状態にもかかわらず、港の数はほぼ同じ。いまだに魚港の新設と拡張工事は、増加傾向。水産庁予算の60%は、いまだに港の工事費として。例のばら撒き政策は、農業、林業のみならず漁業にも。何とかして欲しい。しかも水産丁予算は外国に比べても大変少ないとのこと。そして環境の変化にかかわらず、漁業に関する法律は昭和60年前後以来、全く修正、改定されていないとのこと。もっと一次産業に目を向ける時では、そして日本文化にも。
# by rijityoo | 2007-09-21 09:52 | Comments(0)