人気ブログランキング |
久米さんの科学映像便り
rijityoo.exblog.jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
ブログジャンル
ランキング参加してます♪
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
プロフィール
科学映像館理事長の久米さん。映像遺産を守り、生かすための日々!
ファン
画像一覧
科学映画のインターネットによる配信に一言
 小生は1980年ごろから、小林さんの科学映画制作を支援。当時から貴重な映画の保存と活用を考えてきた。インターネットで大型動画の配信が、4,5年前から可能に。科学映画に活用出来るのではと。早速、小生が関係した映画の配信を開始。当時としては結構多くの方にご覧いただいた。しかし、科学映画をインターネットで配信するには、予期せぬ問題があり、大きな進展は見られなかった。企画者と制作者等の理解が中々得られなかったのである。

 昨年夏、小林米作氏のしのぶ会が茅ヶ崎で開催。これを切っ掛けに科学映像館構想が。
すなわち科学映画の保存と活用。皆さんのご理解とご協力で4月に発足。5月から映画の配信が始まり、HD化作品8編、SD作品60編と科学映像館活動は予定の2,3倍のスピードで進展中である。

 ここで科学映画の活用の在り方を少し考えてみたい。また皆様のご意見も。HD化作品を大画面と音響設備の整ったホールで鑑賞し、映画を理解していただくこと。当館設立の夢である。ホールであれば、講演、解説、そして参加者によるトーキングと、たんなる映画の鑑賞にとどまらない。しかし自前のホールを持たない当館の現状では、予算面などもあり大変厳しい話。しかし、これまで他機関のご協力を得ながら6回、上映会を開催。今後も各地での上映会を企画し開催する予定。今後の予定、12月2日深谷市市民文化会館、骨の健康づくりセミナー会場で上映。また来年2月上旬、都内での開催を。詳細はHPなどで。

 一方、開館以来インターネットにより毎週3,4編の作品を配信。最近は生命科学映画ばかりでなく、幅を広げ多彩な作品を配信。視聴者の幅も広がったように感じられる。
しかも徐々に科学映像館も認められ、多くの方に利用されている。とくに11月に入り、1段と活用者が増加、毎日100数十人、しかもじっくりと映画をご覧いただいているようである。ありがたい。

 しかし映画の配信に多くの人から疑問も寄せられる。例えば、上映会の参加者が少なくなるのではとか?DVDの販売量がとか?インターネットで簡単に観られるのはとか?版権はとか?その影響がまったくないとは言えない。筆者はしかし仮に1作品を50人が観たとしても、この人たちは全国、いや世界規模での話。ピンポイントのことではない。またインターネットの利用者とホールに足を運ぶ人は別かも。さらにホールでの鑑賞には時間と場所の物理的な制約が。インターネットでの配信は、逆に映画と上映会の宣伝効果になると思うが如何?

 最後に一言。これまで6回の上映会でアンケートの結果、生命誕生などの科学映画をかって観た人は、僅か2,3%。昨年8月朝日新聞の夕刊に、辻解説委員がこんな作品をほっておくのはもったいないと、紹介。翌日なんと40倍の視聴者数が。本当に科学映画は知られていない。まず観てもらうことが先決と思うが如何。関係者のご理解とご協力により科学映画を社会に還元し、活用してもらえればと願っている。


 
# by rijityoo | 2007-11-14 10:52 | Comments(0)
10日間で1,279人、254視聴時間が68の車輪に
 先週、当科学映像館には大変な出来事が。上記「68の車輪」を中心とした配信映画に1,800人弱の方が、341時間とゆっくり観ていただいた。多くの人にドキュメンタル映画を知って、観て、活用していただきたいとの当映像館の活動が徐々に認められ、評価され始めたのではと、関係者一同、ほっとしている。

 「68の車輪」は本当に産業技術映画の秀作である。企業戦士の技術力と心意気、そして当時の周辺の環境と人たちの様子が見事に描かれている。そして今日、問題になっている市場原理主義でなく、周辺関係者との一体感が嬉しい作品。この映画を配信できたこと、東京シネマ新社岡田一男氏と日本通運に感謝。

 「68の車輪」が注目されたお陰で、他の作品、例えば「寸法と生活」、「窓ひらく」、「東北のまつり」「沖縄久高島のイザイホー」など生活、文化、伝統に密着した映画も脚光をあび始めている。多分、科学映像館が幅広く、多くの人に活用されてきたのではと。

  ホームページをみていただく方も今週は数倍に。科学映像館の概要、活動、制作者関係者からの言葉、科学映画を観た感想、制作技術編など盛りだくさんの内容。是非映画鑑賞のご参考に。なお、表やランキングは11月1~11日間までの統計。
b0115553_118599.jpg


             【 2007年11月の1位~20位までの視聴ランキング 】

※作品名をクリックすると動画がご覧いただけます。        
順位  リクエスト映画作品         視聴者数  視聴回数   視聴時間
 1    68の車輪                1,279人   4,389 回     254:03:57   
 2    ガソリン                    70 人     161回      11:46:10
 3    生命の牧場                  23人      72 回      03:00:24  
 4    沖縄久高島のイザイホー (第一部)    36人      79回      07:58:33
 5    原子力発電の夜明け            30人     116回      09:37:00
 6    生命誕生 (HD化)            26人      36回      01:57:57
 7    生活と寸法                  21人      77回       05:05:26
 8    この雪の下に                 21人      32回      04:42:32
 9    東北のまつり (第一部)           18人      33回      01:37:29
10    潤滑油                     18人      53回      02:56:28
11    マリン・スノー HD化             17人     31回       02:08:14
12    The Bone (HD化)            17人     26回       02:03:16
13    新しい米つくり                 13人     19回      01:04:22
14    窓ひらく                    13人     41回       02:40:25
15    沖縄久高島のイザイホー(第二部)    11人     21回       04:59:59
16    エイズ’88                   11人      23回      01:44:37
17    つつが虫病                   9 人     30回      01:31:57
18    血小板と血栓                 9人      15回       01:02:04
19    生命誕生                   8人      18回       00:49:53
20    太陽と電波                  8 人      8回       01:10:38
# by rijityoo | 2007-11-12 10:35 | Comments(0)
「この雪の下に」に教育の在り方が
 今配信している「この雪の下に」 を昨晩ゆっくりと観なおした。戦中生まれの筆者にとって大変懐かしい映画。冬の生活以外は、ほぼ経験した日常生活。水汲み、風呂焚き、牛の飼育、草履つくり、まき割りなどなど。この映画には雪国ならではの生活の知恵も見られ、大変、懐かしさとともに今後の参考に。1度、是非観てもらいたい。

 筆者が引かれたのは、この映画で描かれた学校教育。必見である。今日、ゆとり教育だ、詰め込みだと。内閣が代わるわる毎に、教育の基本方針がころころと変わる。これでは、生徒も先生も気の毒だ。経済社会とは異なるので、競争原理などを教育現場に持ち込まない方が。教育の評価には5年、10年を掛け、ゆっくりと。教育にも研究にもいい意味の無駄が大切なんですが。

 ゆとり教育が原因で、本当に学力が落ちたのであろうか。定かでないが、2001前後に詰め込み教育からゆとり教育に変わったと、聞いたことがある。とすれば、学力が低下した生徒は、どちらの教育を受けていたのであろうか。

  学級崩壊、不登校などは、はたして何が原因か? 戦後60年かけて崩壊してきた家庭、コミュニテイ、社会、教育、経済界など。また大人、とくに、政治家(?)、役人、会社員、先生、保護者などのモラルの低下。この社会で子供が、まともに育つわけがないと思うが、如何?

  マスコミ受けするメンバーを揃えた教育再生会議などが、結論を急いでもこの国の教育は立ち直らないのではと、憂慮しているのは小生だけだろうか?教師、親と生徒たちが三位1体になって制作している数々の動物の剥製、骨の標本。マスと岩魚を掛け合わせた稚魚の飼育に目を輝かせている生徒たち。これが本来のゆとり教育であり、教育の原点がこの映画に垣間見られる。関係者は一度ご覧になれば。

追伸:68の車輪、1週間における視聴人数、953人;視聴回数、3,390回;視聴総時間、
    183時間36分と、高い評価に感激。

68の車輪、作品自身が内容のある秀作であることは、間違いない。そのため共感が得     られたと思う。しかしその切っ掛けを作ってくれたのは、2ちゃんねるであり、      本当に感謝。筆者は2ちゃんねるに偏見なんて。とにかく興味     深い感動編の発掘と掲載依頼に全力を。今後も応援よろしく。
# by rijityoo | 2007-11-09 10:15 | Comments(0)
「68の車輪」
 11月2日から始まった視聴数の増加。5日間で、視聴者数、1,017人,視聴時間209時間。その75%が、実は「68の車輪」である。東京シネマ新社代表の岡田一男氏から3月に、この映画のDVDを預かっていた。しかし、筆者の見落としで、今日まで配信が遅れたのである。ところが以上のような結果が。そして今回も作品の選定の難しさを痛感している。今回は2ちゃんねるに貼り付けられた幸運にも恵まれたが。

 先日、この映画をもう一度ゆっくり観てみた。作品の構成、撮影の美しさ、周辺への気配りともに抜群。将に産業技術映画(?)の秀作である。

 300トンの変圧器をばらすことなく一体で運搬した、関係者の周到な計画と運搬技術。また映像各所に見られる自然環境への配慮。道なき道、橋なき橋を補強しながら、時速2キロでの運搬作業。しかも周辺住民との一体感がすばらしい。感性豊かな感動編。一度ご覧いただきたい。
# by rijityoo | 2007-11-07 09:34 | Comments(3)
信じられない、配信映画の視聴数
 10月以降、配信映画の視聴数が徐々に増加していたが、11月に入り、とくに2日から視聴数に信じられないことが。表のごとく、一日平均、視聴数は過去6ヶ月間の約30倍、視聴時間は一挙に約114倍と。各作品をじっくり観ていただいている。ホームページも訪問者が数倍に増え、周辺情報をご覧いただいているようである。

視聴数の増加は2ちゃんねるの貼り付けが、一因のようである。非常に好意的、感動的とも。


                   11月1~4日間の視聴分析
b0115553_9421121.jpg

# by rijityoo | 2007-11-05 10:10 | Comments(0)