人気ブログランキング | 話題のタグを見る

荒川のどろつけ

平成19年 カラー 14分48秒

先行配信のお知らせ「荒川のどろつけ」_b0115553_16340589.jpg

荒川の氾濫を恵に変えた大宮台地北部地域の巨大客土農法

ドロツケは荒川下流部と特に大宮台地の西縁部(現在の桶川市・北本市)で行われた、荒川の氾濫土を畑に運ぶ客土農法だった。この伝統的な農法について、野外調査研究所理事長の吉川國男氏が詳細に説明している。

ドロツケは、荒川から4㎞以内の黒色腐植土の不足した地域で行われた。農家の男性が冬の仕事として、荒川の氾濫土を袋に入れて馬に乗せ運んだ。数百年に亘り行われた思われるドロツケによる客土の厚さは50㎝から1mに達し、その総量はダンプか−1000万台を超える量となった。ドロツケは、大正時代には廃れはじめたが、昭和30年代まで続けられたという。

氾濫土は燐酸分の補給や酸性の中和などに役立ち、埼玉県の麦作営農地を支えた。荒川の氾濫は危険な自然現象であるが、ドロツケはその土地の人々の命と暮らしを支える重要な役割を果たしていた。(荒川流域ネットワーク代表)

解説

理正大学非常勤講師 吉川國男

「補足」

「ドロツケとは民族語彙で、荒川下流部とくに大宮台地の西縁部(現在の桶川市・北本市)の人々が、荒川の氾濫土(沖積土)を台地上の畑に運んだ作業を指して言う言葉である。」と埼玉県が編纂した「荒川」の中で、自身も編纂を手掛けた野外調査研究所理事長の吉川國男さんが書かれている。永年の調査研究から、このドロツケ慣行が全国的にも極めて大規模な客土農法だったことが分かってきたということだ。

今はもう途絶えてしまった伝統的な農法について、記録映像に残すため吉川さんを桶川市に訪ねた。吉川さんは私たちの申し出を快く引き受けて、現地を案内しながらドロツケの実態について詳しく説明してくれた。

ドロツケが行なわれた要因は、耕作に不可欠な黒色腐植土の層が薄買ったことにあるという。行なわれたのは、荒川からの距離が4㎞以内の地域であった。ドロツケ作業は農家の男の冬の仕事で、荒川に近い地域では、日に10往復前後、遠い所では3往復前後行なったそうだ。馬にスカリと呼ばれるワラ縄で編んだ袋を左右に載せて高水敷に来て、袋に氾濫土を入れて運んだそうである。毎年運ばれたドロツケの土の厚さは50㎝前後から荒川の河川敷に近い地域では、1mに達する所もあるということだ。このドロツケの土の総量を大雑把に計算したところ、10t積みダンプカーの1,1592000台分に相当する量になったという。

ドロツケがいつ頃から行なわれるようになったのかは、諸説があり定かではないそうだが、一冬に運べる量は畑全体に広げると約1㎝程であったそうなので、数百年前から行なわれてきたと考えるのが妥当ではないかという。ドロツケは化学肥料の普及、馬に代わる役牛の普及、河川管理上の規制等の理由で、大正時代に止めたところが多かったが、一部の農家は昭和30年代まで継続的に行なっていたという。

埼玉県はかつて、三麦(大麦・小麦・裸麦)の生産量が全国第1位であったが、その中心部がドロツケを行なった荒川左岸沿いの鴻巣市馬室から上尾市平方であったそうだ。この地方の麦は「足立の大麦」といわれ「中山道もの」の銘柄で、市場でも高く取り引きされていたという。この地帯を全国一の麦作営農地として支えていたものは、荒川の氾濫土という恵であったということになる。この土は、霜柱が出来にくく、冬の強風でも飛ばされることがない。また、土壌分析によると、燐酸分の補給や酸性の中和などに役立っていということである。

河川の氾濫は、人の暮らしにとって危険な自然現象だが、同時に周辺の人々の命と暮らしを支える重要な自然現象でもあったことを「ドロツケ」は教えてくれた。(荒川流域ネットワーク代表) 


# by rijityoo | 2024-04-07 12:48 | 先行配信映画(107) | Comments(0)


私たち「科学映像館」は2004年「THE BONE」の撮影者金子文雄さんが独自のストリーミングサバーを構築し、17生命科学映画作品を配信(You Tube 誕生)以来、お陰様で満20年を迎えることができました。その間、配信した作品数は1,270編、You TubeNPO法人科学映像館」の再生回数は6,200万回、チャネル登録者も23万人とWebによる映像アーカイブの重要さを再確認。わたくしは9月で満90歳を迎えますが、皆様のご協力のもと年相応に骨、骨とフィルム時代の貴重な作品を次世代のために贈り届けようと思っています。温かく見守ってください。(1762) NPO法人科学映像館 - YouTube

NPO法人科学映像館を支える会活動、満20年_b0115553_13042589.jpg


# by rijityoo | 2024-04-06 13:06 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)

You Tube「NPO法人科学映像館」の再生回数が6,200万人を超え、視聴時間が775.1万時間、チャネル登録者が22.3万人となる。
# by rijityoo | 2024-04-04 09:24 | 活動の蔵(1、208) | Comments(0)

当網を次世代のために遺す

製作:荒川流域ネットワーク

平成23年 カラー 16分32秒

先行配信のお知らせ「投網を次世代のために遺す」_b0115553_19173459.jpg

荒川流域ネットワークは、2006年から入間川水系で天然アユの復活に向けて活動を開始した。この取り組みの一環として、内水面漁法の一つである投網技術をマスターするための講習会を、日高市巾着田上流の高麗川で開催した。

この講習会には、指導者として埼玉西部漁協の組合員である関根文明さんと淡水魚類専門家の君塚芳輝さんを招いた。参加者には、君塚芳輝さんと江戸川区で活動する投網打ちの3人娘や、投網が大好きな少年も含まれていた。特に、高校1年生の野内祐里亜さんは、投網を打つ少女としてアウトドアの雑誌に取り上げられた経験がある。

講師は丁寧に打ち方を説明したが、受講者は荒川流域ネットワークの理事など年配者が多く、網を広げて打つことに苦労していた。それでも、若い参加者は1日で打ち方をマスターしたようだった。

漁業権の問題などから、こうした講習会はなかなか開催できない状況があるが、内水面漁業を復活させるためには、より簡単に開催できる制度が必要であると思われる。

非営利活動法人 荒川流域ネットワーク代表理事 鈴木 勝行

「補足」

荒川流域ネットワークは、2006年から入間川水系への天然アユの復活に向けて活動を開始した。天然アユの復活に伴い、内水面漁法の一つであると投網技術をマスターするための講習会を8月に日高市巾着田上流の高麗川で開催した。

開催にあたり、指導者として日高在住の埼玉西部漁協の組合員関根文明さんと魚道・淡水魚類専門家の君塚芳輝さんをお招きした。

講習会には君塚芳輝さんと江戸川区で一緒に魚類調査活動をしている投網打ちの3人娘と投網大好きという少年も参加してくれた。3人娘の一人、高校1年生(当時)の野内祐里亜さんは投網を打つ少女として、アウトドアの雑誌に取り上げられたことがあるそうだ。

講師の人は丁寧に打ち方を説明していたが、受講者は荒川流域ネットワークの理事など年配者が多く、皆網を広げて打つことに皆苦労をしていたようだ。それでも若い人参加者は、1日で打ち方をマスターできたようだった。

その後は漁業権の問題もあり、こうした講習会はなかなか開催できないでいるが、内水面漁業を復活するためには簡単に開催できる制度が必要ではないかと思われる。

非営利活動法人 荒川流域ネットワーク代表理事 鈴木 勝行


# by rijityoo | 2024-04-03 23:21 | 先行配信映画(107) | Comments(0)

親子で地引網in越辺川

製作:荒川流域ネットワーク

平成23年 カラー 18分12秒

先行配信のお知らせ「親子で地引網in越辺川」_b0115553_17233138.jpg

伝統的漁法を使い、子どもたちの環境教育

入間川・越辺川流域では、昔から「アイ漁」と呼ばれる地曳網漁が行われてきた。この地域でもアユ(鮎)をアイと読んでいようだ。この漁法は、川床が平坦で小砂利質の場所に部屋網を設け、魚を追い込んで捕獲するもので、大型漁業のために知事の許可を受ける漁法である。

入間川水系の地曳網漁では、下流から上流に向かって曳く網を「シラタ」と呼び、上流に設置する部屋網を「トリデ」と呼ぶ。追い込んだ魚は投網で捕獲するが、昔は上流部に作った「受け」に魚を追い込んで捕獲していた。この漁法は、「お大尽の川遊び」と呼ばれ、かつては雑魚を天ぷらや塩焼きにして楽しんでいた。

荒川流域ネットワークは2011年から地曳網漁を体験事業として開催している。参加者は42名で、子どもたちには安全を考慮してライフジャケットを着用してもらった。漁は今川橋上流の区間で行われ、瀬張り網を使って魚の退路を断ち、地曳網漁を行なった。川底の凹凸のためか、目指していたアユは捕獲できなかったが、子どもたちは興味津々に網を曳いていた。(2011年9月17日に開催 (非営利活動法人 荒川流域ネットワーク代表理事 鈴木 勝行

「補足」

入間川・越辺川流域の各地では、昔から「アイ漁」と呼ばれる地曳網漁が行なわれていた。

 海において行われる地曳網漁と異なり、川での地曳網漁は河床が平坦で、小砂利質の場所に部屋網で魚を追い込む100㎡ほどの部屋を作り、下流部から取り網を川幅いっぱいに広げて、10~20人ほどで上流に向かって曳き、魚を設置しておいた部屋網に徐々に追い込んで、囲いを狭め投網等で捕獲する漁法である。

 地曳網漁は、大型漁業のため漁業調整規則第六条による許可漁業に指定されている。

入間川水系の地曳網漁では、下流から上流に向かって曳く網を「シラタ」と呼び、上流に設置する部屋網を「トリデ」という。追い込んだ魚は現在は投網で捕っているが、昔はスダレで作った上流部の頭の横に「受け」を作り、そこに魚を追い込んだそうである。そこに入ったウグイやオイカワ等の雑魚は天ぷらにアユは塩焼きにして客に出したという。かつては「お大尽(だいじん)の川遊び」と呼ばれ、桶に5杯分の雑魚が捕れたという。

 荒川流域ネットワークは2011年から漁労文化を継承するため、地曳網漁を体験事業として開催することにした。この映像は、第2回目の地曳網漁開催時の様子である。地曳網漁はコロナ禍の一時を除き、2023年まで継続して開催している。

当日は13名の子どもを含む42名の参加者があった。快晴に恵まれ,水量も平水の状態に戻り、水質も良く,地曵網漁を実施するには比較的いい状態であった。参加した子どもたちには安全を期して、受付と同時に子どもたちにライフジャケット着用をしてもらった。

 今川橋の上流100mは、釣専用区であるため、今川橋の上流300mの区間を2回に分けて瀬張網を張り、上流への魚の退路を断って地曵網漁を行なった。

 200mほど上流に最初の瀬張り網を設置して,上流に向かって網を曳いた。右岸側が浅く、左岸側が淵で深くなっているので、曳き網の左岸側を子どもたちに曳いてもらい、左岸側を大人たちが曳いた。瀬張り網に寄せたあとは、最終的に投網で捕獲したが、川底の床固めのコンクリートの凹凸があったりしたためか、残念ながら目指していたアユは捕獲できなかった。

 次にさらに100mほど上流に設置した瀬張網に向かって、2回目の地曳き網を行った。川底に床固め工があり、アユは捕れなかったが、子どもたちは面白そうに網を曳いていた。非営利活動法人 荒川流域ネットワーク代表理事 鈴木 勝行


# by rijityoo | 2024-04-03 17:28 | 先行配信映画(107) | Comments(0)