プロフィール

ニックネームrijityoo
自己紹介 今なぜ、科学映像館か?その舞台裏を語ります。戦前から多くの素晴らしい記録映画が製作され、各時代の世相をを切りとり、科学の進歩などに貢献してきた。しかし、高温多湿の日本ではフィルムの保存は難しく、死蔵化しつつある。しかもシステムの進歩により、フィルムの上映装置などもなくなり、活用する機会はほとんどなくなってきた。そこでこれらの映画を修復・デジタル化して、ウェブサイト(NPO法人科学映像館www.kagakueizo.org)により無料配信し、活用しようとNPO法人科学映像館支える会を2007年設立した。現在600作品をデジタル化し、そのうち521作品を配信、150万回再生され、ご覧いただいている。また教育現場、企業の研修にも活用されている。みなさんのご協力で貴重な作品を未来遺産にとデジタル化基金(http://www.kagakueizo.org/2009/03/post-85.html)の募集を呼び掛けている。ご賛同いただければ幸いである。
年齢84歳
お住まい埼玉県
経歴歯系大学で教職、2002年退職,現在NPO法人科学映像館を支える会理事長